同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト

2011年卒 三菱東京UFJ銀行入社 K.D.さん

2011年卒 三菱東京UFJ銀行内定 K.D.さん

1.就職活動はあなたにとってどんなものでしたか?あなたに何をもたらした時間でしたか?まずは簡単に感想をどうぞ。

自分を見つめ直す良い機会になったと思います。また社会がどのように成り立っているのか、深く目を向けるきっかけを与えてくれました。

2.就職活動を始めた頃のことを思い出してみてください。どのような期待や不安があったでしょうか?当時はどのように就職活動をとらえていたでしょうか?

不安よりも期待が大きかったように感じます。特にマイナスなイメージで始めず、終わるまでそういった気持ちはあまりありませんでした。とにかく自分の満足のいく企業から内定を貰う事が出来ると強気でいたと思います。

3.最初の頃の志望業界・企業はどのようなところだったでしょうか?それはどのような理由からだったでしょうか?

電通を第一志望で行っていました。社員の方と話していて本当にかっこよかったからです。また実際に会社のセミナーやOB訪問をするにつれさらに志望度が上がりました。結果としては内定を頂く事が出来ませんでしたが、完全に自分の準備不足であったと反省しています。しかし現在内定を頂いている企業に100%の気持ちで入社出来ると考えていたため、後悔はしていません。先生に教えて頂いたプランドハプンスタンス精神が大事ですね。

4.就職活動を通して、志望業界・企業・職種にどのような変化があったでしょうか?その変化を生んだ要因にはどのようなものがあったでしょうか?

就職活動を通し電通が第一志望であるという気持ちは変わりませんでした。それはQ3でも書いた通りです。面接を通し銀行の魅力は大きく感じましたし、これから働いていくフィールドとして申し分ないものであると考えています。それは社員の方々の持つ信念の強さに惹かれた為です。

5.就職活動を通して、自分自身にはどのような変化があったでしょうか?自分に影響を与えたものには、どのようなものがあったでしょうか?

世の中の事象に深く興味を持つようになりました。さらに相手に自己の人格や強みを伝える事の難しさ、論理的思考の重要性を痛感させられました。それはPJSや就活を通して出会った友人の頭の良さに感化された為です。今後多くの事を学んでいかなければならないと思いましたし、勉強の重要性を最も実感する事になる機会となりました。

6.今振り返ってみて、ご自身の考える「就職活動の成功」とはどのようなものですか?

本当に満足のいく企業から内定を頂く事であると思います。それは自分がこの会社に100%の気持ちで入社する事が出来る、という気持ちになる事の出来る企業と出会う事であるとも思います。それは偶然出会う事もあると思いますが、その機会を逃さず食らいついていく事が重要になると感じています。

7.就職活動を成功させるうえで、どのようなことが大切だと思いますか?あれはもっとやっておけばよかった、あれはやらなければよかった、あれはやっておいて正解だったといったことはどのようなことですか?

「素直になること」これ以上に大切な事は無いように感じます。企業毎の想定面接をより高いクオリティーでやっておけば良かったと思いました。面接の振り返りをやった事は本当に良かったと思います。一度失敗した事を客観的に把握し次に活かす事が出来ましたし、面接を自らの流れに持って行く事が容易になりました。

8.最終的にどこから内定を得て、どこに入社すると決意されましたか?その企業を選んだ理由はなんだったでしょうか?

三菱東京UFJ銀行に入社する事に決めました。リクルートや楽天などの選考が残っていましたが全て辞退しました。企業を選んだ理由は面接を通して本当に社員の方がかっこよく、強い信念を持っており、また「認められる」という自らの欲を満たす事の出来る最適な環境であると感じた為です。

9.あらためてご自身の就職活動を振り返って特に印象深かったことはどんなことですか?あなたにとって就職活動とはどんな経験でしたか?

日本生命の面接を通し、本当の自分を見せる事の重要性を実感しました。この経験が就職活動の中で特に印象深かったです。

就職活動とは自らの成長を本当に実感する事の出来る機会だと思いました。よって限界はなく自分の努力次第で大きな壁も絶対に乗り越える事の出来る機会でもあると思います。

上手く行かない理由を経済状況や自分の学校のせいにするのではなく、自分の魅力を最大限に伝える為にはどうすれば良いか逃げずに考える事の出来る人が目標を実現する事が出来ると感じています。

10.ご自身で伝えたいことがあれば何でもどうぞ。後輩たちへ向けて、アドバイスがあればそれもお願いします。

素を出す事と逃げない事が一番大切だと思います。あとは結果がついてくるまで食らいつく力が大切です。

11.PJSについてお聞かせください。あなたにとってPJSは一言で言うと、どういう存在だったでしょうか?

自分の立ち位置を思い知らされる存在であったように感じます。

12.PJSはあなたと、あなたの就職活動にとってどのような価値があったでしょうか?PJSの何が、どんな役に立ったでしょうか?

PJSを通して出会えた仲間とは互いに支え合いながら深い関係を築く事が出来ました。これは就職活動をしていく上で本当に助けられました。またMTGでは模擬面接やGDなど効果的な練習を行う事ができ、為になりました。

13.PJSの限界や、不足している部分はどのようなものですか?何かそれを補う手立てがあれば、それも教えていただけますでしょうか。

先生一人で対応する事の限界があると思いました。人を増やす案もあると思いますが、価格やクオリティーの維持など難しい問題もあると思いますので生徒を減らすか入会の際に説明すると良いと思います。

14.PJSはこんな人が活用するとよい、といったイメージが何かありますか?こういう人は向かないということや、PJSを上手く活用する方法などもあれば教えてください。

情報を共有する事が出来ない人、自分さえ良ければ良いという人には向かないように思います。自分の得た情報を共有し皆で頑張っていこうという気持ちが本当に大切だと思います。

メッセージがあればお願いいたします。

先生には10月からこれまで本当にお世話になりました。3月のMTGでお話をさせて頂いた際に何か吹っ切れたように思います。毎日日報を書いた事は時間の密度を高める意味でも自己PRの面でも良かったと思います。これまでご指導頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。

OB/OG訪問に行けていない学生はこちら!