同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト

2011年卒 NTTデータ入社 F.N.さん

2011年卒 NTTデータ入社 F.N.さん

1.就職活動はあなたにとってどんなものでしたか?あなたに何をもたらした時間でしたか?まずは簡単に感想をどうぞ。

今までの人生を振り返り、自分を見つめ直す時間でした。辛いこともありましたが、その分終わった時に達成感を得ることができました。そして、いろいろな人に出会うことができた貴重な時間でした。

2.就職活動を始めた頃のことを思い出してみてください。どのような期待や不安があったでしょうか?当時はどのように就職活動をとらえていたでしょうか?

様々な人と出会えることに対して期待がありましたが、リーマンショック以降2010卒の就職活動が厳しいものであったことを聞いていたので、自分が納得して就職活動を終えることができるのかという不安の方が大きかったです。

3.最初の頃の志望業界・企業はどのようなところだったでしょうか?それはどのような理由からだったでしょうか?

最初の頃はコンサルタント業界を志望していました。それは、1.仕事内容が面白そうだと思ったから2.成長できるフィールドだと思ったからという2つの理由からです。

4.就職活動を通して、志望業界・企業・職種にどのような変化があったでしょうか?その変化を生んだ要因にはどのようなものがあったでしょうか?

コンサルタント業界から商社・メーカー・IT業界にシフトしていきました。

それは、様々な業界を見ていくうちに、コンサルタントのような仕事は他の業界の中でもすることが多く、実際に携わっている人も多いことを知ったことがきっかけです。それからはコンサルタント業界に絞らなくても他にも面白そうな業界があると思い始め、他業界の方により興味をもつようになりました。

5.就職活動を通して、自分自身にはどのような変化があったでしょうか?自分に影響を与えたものには、どのようなものがあったでしょうか?

人と接するときに、相手に良い印象を与えられるように意識するようになりました。それまでは第一印象が悪くても中身を知ってもらえれば仲良くなれていたので、第一印象を良くしようという努力をしてきませんでした。しかし、就職活動をする中で第一印象を良くすることが成功につながると感じ、笑顔でハキハキ大きな声で話すように意識するようになりました。そうすることによって、初対面の人ともすぐ仲良くなれたり仲間の幅を広げることにつながったりと成長できたと感じています。

6.今振り返ってみて、ご自身の考える「就職活動の成功」とはどのようなものですか?

私は「自分が納得感をもって就職活動を終えられること」だと思います。

7.就職活動を成功させるうえで、どのようなことが大切だと思いますか?あれはもっとやっておけばよかった、あれはやらなければよかった、あれはやっておいて正解だったといったことはどのようなことですか?

自分が興味のない業界にもとりあえず足を運んで、話を聞いてみることが大切だと思います。私は志望業界だけでなく、当初の志望業界ではない企業にも積極的に足を運び、いろいろな社会人の方にお話を伺っていきました。その結果、当初は考えていなかった業界が自分には合っていることがわかり、その業界に進むことになりました。私のこの経験から、現段階で興味のないところも積極的に見て回り、本当に自分がやりたいことは何なのか、自分には何が合っているのかをいろいろな角度から考えることをお勧めします。

さらに、筆記試験の対策は早めに取り組んで損することはないので、時間がある内に始めておいた方が良いと思います。

8.最終的にどこから内定を得て、どこに入社すると決意されましたか?その企業を選んだ理由はなんだったでしょうか?

内定はNTTデータ、みずほ情報総研、日立情報システムズ、コニカミノルタから頂きました。

その中でNTTデータに入社を決意しました。

その理由は①周りに優秀な人が多いところで働きたいから②一生同じ会社で働きたいとは思っていないので、将来性を考えた時に有利だと考えたからです。

9.あらためてご自身の就職活動を振り返って特に印象深かったことはどんなことですか?あなたにとって就職活動とはどんな経験でしたか?

面接官の反応は本当に分からないということが印象に残っています。

内定を頂いた企業の面接はほとんど手ごたえがないと思って他の企業を検討していましたが、全て通過していました。そのため、手ごたえがなくても落胆せず、自分の思いを伝えて面接後に後悔のないようにすることが大事だということを実感し、印象深かったです。

私にとって就職活動とは「本気で自分自身と向き合い、これからの人生を考える時間」だったと思います。

10.ご自身で伝えたいことがあれば何でもどうぞ。後輩たちへ向けて、アドバイスがあればそれもお願いします。

今は就職氷河期と言われていて焦っている人が多いと思います。しかし、焦っているだけで本気で行動している人は少ないのではないでしょうか。本気で自己分析をしたり企業研究をしたりすることで周りと差がついていることを実感することができ、自分に自信がもてれば、氷河期でも自分が志望する企業から良い返事を必ずもらうことができるようになります。

就職活動は一生の中で見たら短い期間です。その期間、本気で臨んでみてください。

11.PJSについてお聞かせください。あなたにとってPJSは一言で言うと、どういう存在だったでしょうか?

ペースメーカーのような存在でした。

12.PJSはあなたと、あなたの就職活動にとってどのような価値があったでしょうか?PJSの何が、どんな役に立ったでしょうか?

1.就職活動に対するモチベーションが低いときに高められること

先生やPJSメンバーと定期的に会うことでモチベーションが低いときに、高めて就職活動を進めることができる。

2.優秀な仲間に出会えること

レベルが高い中で面接などの対策をしていくので、GDやグループ面接で他の就活生に会ったときにその差を実感できる。

13.PJSの限界や、不足している部分はどのようなものですか?何かそれを補う手立てがあれば、それも教えていただけますでしょうか。

自分から積極的に動かないと成長できないので、自分が意識をもって行動していくことが求められます。逆に私にとっては自主性が身に付いたので、良かったと思っています。

14.PJSはこんな人が活用するとよい、といったイメージが何かありますか?こういう人は向かないということや、PJSを上手く活用する方法などもあれば教えてください。

上にも書きましたが、PJSに属しているだけでは成長できないので、主体性をもって自分を高められる人は向いていると思います。

メッセージがあればお願いいたします。

改めて、本当に今までお世話になりました。心から感謝します。

先生のおかげで当初の目標だった、納得感をもって就職活動を終えること、を達成することができました。GDの対策などで個人的にご心配をおかけしました。

社会人になって悩みがあるときはまたぜひ相談に乗って頂けたら有り難いです。この出会いをずっと大事にしていきたいと強く思っていますので、今後ともよろしくお願い致します。

OB/OG訪問に行けていない学生はこちら!