2010年卒 アセットマネジメント会社入社 Tさん

2010年卒 アセットマネジメント会社入社 Tさん

1.就職活動はあなたにとってどんなものでしたか?あなたに何をもたらした時間でしたか?まずは簡単に感想をどうぞ。

私にとって就職活動は、「自分はどういった人間なのか」「自分の人生に何をのぞんでいるのか」を、生まれて初めて本気で考えさせられた機会でした。

2.就職活動を始めた頃のことを思い出してみてください。どのような期待や不安があったでしょうか?当時はどのように就職活動をとらえていたでしょうか?

就職活動を始めた当時は・・・

去年の先輩達がなんとなくやってのけていたので、私もある程度名の知れた企業にいくつか内定をもらえるものと期待していました。リクナビやマイナビで人気ランキングに載るような有名企業ばかりにエントリーしていた気がします。

「やりたいことが明確でなくても、人間的な魅力があれば採用されるはずだ」と、企業研究の重要性もまだわかっていない時期でした。秋頃から就職氷河期再来などと騒がれだし、その期待は甘いものであるということをだんだんと実感していきました。

3.最初の頃の志望業界・企業はどのようなところだったでしょうか?それはどのような理由からだったでしょうか?

漠然と、「外資系企業」「金融業界」「コンサルティング業界」というキーワードを理想としていました。

「外資系企業」→個人の裁量が大きそう・給与が日系企業より高そう・能力を正当に評価されそう・・・という理由から「金融業界」→経済学部だったので、金融が身近な存在で学びの対象だった。金融がないと世の中がまわらないという非常に重要な価値を社会にうんでいる業界だと思っていたから。

「コンサルティング業界」→金融業界とともに、目に見えるサービスや商品を提供している業界ではなく、「人の力」が大きく求められる業界だと思ったから。頭をつかう仕事が多そうだと思ったから。

4.就職活動を通して、志望業界・企業・職種にどのような変化があったでしょうか?その変化を生んだ要因にはどのようなものがあったでしょうか?

「外資系企業」→「日本の企業」でもいいなと思うようになった。

理由:サブプライム問題による不況で、外資系企業の募集が大きく減ったから(笑)

外資系企業には給与が高いなどのメリットもあるが、「いつでもクビにされる危険性がある」というリスクのあることをこの不況下のニュースでよくわかったから。

「アセットマネジメント業界」に強く興味をもつようになった→金融業界を回る中で、なぜ自分は金融業界に入りたいのか?を深く考えるようになり、その答えが「人々の所有する財産・資産を扱うことに興味があるから」という結論に達した。そこで、人のもつ資産を動かす仕事を探したところアセットマネジメント(資産運用)業界を知った。そこで働くアナリストやファンドマネージャーはとても頭がよく、知識量も多く、精神力も強いことを知り魅力を覚えた。しかし同時にとても狭い世界だということも痛感した。

最終的に・・・

「人々の資産をうまく活用できるようアドバイスしたりする、資産運用コンサルティングがやりたい」=金融業界でなくてもいいんじゃないか?と思うようになった(※この不況がなかったら、もしかしたら金融業界にいっていたかもしれない。しかしこの不況があったからこそ、普段なら見ないような会社を見ることができた。)

そして・・・

資産=不動産も含まれる、ということで主に不動産を扱う資産運用コンサルティング会社に内定を頂き、入社を決めた。

・・・ここでも私のやりたいことはできる!と思った

5.就職活動を通して、自分自身にはどのような変化があったでしょうか?自分に影響を与えたものには、どのようなものがあったでしょうか?

「よっぽどひどい人でない限り(失礼な言動やだらしない格好)、誰でも就職活動はうまくいくものだと思っていた」→(不況ということもあるが)現実は全然違った。

学歴や、見せかけの笑顔や言葉、きれいにつくった志望動機などは就職活動の役にたたないということが痛いほど分かった。

「自分はどういう人間なのか」「どんな魅力があるのか」「どんなことを実現したいのか」を積極的に、必死に、本気で、アピールするようになった。

(積極的に自分を売り込む、というのは今までにない経験だった)

6.今振り返ってみて、ご自身の考える「就職活動の成功」とはどのようなものですか?

成功、は私にとって

「自分の心の声にどれだけ耳を傾けることができたか」という問いに対して、どれだけ自分が「傾けることができた」と言えるか、ですね。
自分の好きなことは何なのか、どんな人生にしたいのか、どんな人たちと働いていきたいのか、どんな環境をのぞむのか、どんな価値をうんでいきたいのか、どんな評価のされ方をしたいのか・・・・・・・・・・こういった問いをたくさん自分に投げかけて、それに対し「素直に」答えていくこと。

自己分析をどれだけ深いレベルでできたのか、が成功のポイントだと思います。

その自己分析の結果、「ここにいこう」と決めた企業であれば、自分でも納得のいく就職活動になると思います。企業側も企業研究に加え、こういった自己分析の結果をどれだけ本人がどれだけ理解しているかをよく観察していると思いました。

7.就職活動を成功させるうえで、どのようなことが大切だと思いますか?あれはもっとやっておけばよかった、あれはやらなければよかった、あれはやっておいて正解だったといったことはどのようなことですか?

①早めのスタート(就職活動の競争は年々激化しているから。できることから手をつけておく。)特に夏休みには大企業のインターン募集がはじまり、その時点で参加するしないで結果が決まってしまう企業も多いです。

②徹底した自己分析。なんとなく、のレベルではなく深いレベルの自己分析。ホンネで自分の欲求や自分のいいところを表現できるようになるまで。

③他の学生に負けないくらいの企業研究。→これは私はもっとやっておけばよかったと後悔している点です。ひとつの業界に特化して就職活動をしていると、どうしてもその業界以外の知識はゼロです。そしてその業界の企業すべてに落ちてしまったとき、とても焦ります。自分が受けようとしている業界や企業のことは、パンフレット・説明会・ホームページの知識は最低でもつけて話せるようになっておくこと。そして、その企業のどういった事業に魅力をおぼえるのか、自分の言葉で話せるようになっておくこと。

どの企業でも聞かれるのは「ウチと他社の違いはなに?」(=ウチの魅力は何?)でした。

④筆記テスト、ウェブテストの勉強。→これももっとやっておけばよかったと後悔している点です。特にウェブテストは年々、難しいものが増えています。私はウェブテストでいっぱい落とされました。筆記テストとウェブテストの勉強は別物。どっちの解き方も早めの時期にコンプリートしておくことが、とても大事です。(選考にすすめないのは悔しい)

8.最終的にどこから内定を得て、どこに入社すると決意されましたか?その企業を選んだ理由はなんだったでしょうか?

最終的に内定を得たのはXXXという資産運用・事業再生のコンサルティングをしている不動産会社です。ここに入社を決めました。

個人・法人の所有している不動産という資産の価値向上・相続問題の解決などの「資産運用事業」と、多重債務や借金で困っている企業を銀行から紹介されて、彼らの事業再生を手伝う「事業再生事業」をやっている会社です。

理由は、

①専門的な知識・経験がつく仕事につきたいと考えていた(資格もとれるような)

②人々の所有する資産を有効活用するためのコンサルティング、を仕事にしたいと考えていた

③できれば総合職で転勤のない職場がよかった(勤務地は赤坂のみ)

④理想の環境として、個性をつぶされない、かつ能力を正当に評価してくれる環境がよかった

⑤選考がはじまったときから、なんとなく「ウェルカム」な雰囲気を感じていた。だからこそ、選考されているというよりも「うちの会社のことをいっぱい知って帰ってください」といった面接が多かったし、私一人にたっぷり時間をかけてくれた。最後に入社を決めるまでの間も、「しっかり他の会社もみて、(他の会社に落ちたから、とか親に勧められたから、とかではなく)自分自身が心から行きたいと思えたら、うちに来てください」と言ってくれた。

9.あらためてご自身の就職活動を振り返って特に印象深かったことはどんなことですか?あなたにとって就職活動とはどんな経験でしたか?

うーん・・・印象深かったのは、就活は「案外難しいものである」ということ。

筆記テストの点数がいいだけではダメ、学歴がいいだけではダメ、ESが美しいだけではダメ、おしゃべりが上手いだけではダメ、頭がいいだけではダメ・・・・・・・・・・

でも、どれも必要とされるという事実。(総合力)

主体性・論理性・協調性。そのすべてがバランスよく揃っている人材。
それを見極める企業の力も、あなどれないということ。(今年は特にそうだった)

私にとって就職活動の経験は、「自分が(集団の中でみたときに)さほど特別な存在ではないということを思い知らされた」機会でもあり、だからこそ「みんな頑張っているんだから、そのみんなのレベルには最低限追いつかないといけなくて、そして、自分という存在に素直に向き合う姿勢をもつこと」を考えさせられた機会でした。

10.ご自身で伝えたいことがあれば何でもどうぞ。後輩たちへ向けて、アドバイスがあればそれもお願いします。

では、後輩への(心からの)アドバイスを。

① 地味ですが、筆記試験(SPI)とウェブテストの勉強はとっても大事です。試験で落とされた会社も何社かありました。なかなか数日では勉強を終えることはできないので、夏休み・秋くらいには勉強しておくことを勧めます。テストで落とされると、もったいない。ちなみに1番役に立ったオススメの参考書は「SPIノートの会」シリーズです。

② なんとなくでもいいから、「自分はどんなことが好きなのか」「どんな仕事をしてみたいか」「どんな業界に興味があるか」ということを早めの時期から考えておきましょう。早い時期に考えておくと、あとで別の業界に興味がわいても間に合います。興味をもった職種、業界に関してはなるべくたくさん調べましょう。就職活動中は、「へー、こんな仕事もあるんだ」という発見がいっぱいあります。たくさん調べておけばあとあと志望動機を深めることにもなるし、「どういう仕事をするのか」さえ知らずに会社を受けることがなくなります。

③ 合同説明会は会場に学生が多すぎて、実際3、4社くらいしかまわれません。しかも1つのブースあたり説明時間は15分や30分。合同説明会に行くとしたら、夏休みなどはやめの時期に「世の中にどんな会社があるか知る」くらいの動機で行くといいでしょう。会場に出場している会社のパンフレットはなるべくたくさんもらっておくこと。

気になる会社があったら、その会社の個別説明会に必ず参加すること。個別説明会のほうが全然詳しい説明をしてくれるし、その業界の勉強にもなります。

行きたい業界を絞ってきたら、あまり合同説明会に行く価値はないと思います。それよりも同じ業界内のいろんな会社の「個別説明会」にいっぱい参加すること。そして、説明会では必ずメモをいっぱいとること!!(志望動機を書くとき役に立つ)

④ 当たり前のことなんですが・・・・ウソをつくのはNGです。履歴書の資格欄とか、TOEICの点数とか、アルバイト経験とか、ゼミでの研究内容とか。就活生の中には案外ウソをつく人がいます。面接官のウソを見破る力はあなどれません。

私はウソはつきませんでしたが、就職活動をはじめた当初はかっこつけて喋ってたところがありました。ありのままの自分(いいところも弱いところも)を見せるようになってから、面接に通るようになりました。

⑤ 面接で絶対!!!必要だと痛感したこと=表情がいきいきしていること

11.PJSについてお聞かせください。あなたにとってPJSは一言で言うと、どういう存在だったでしょうか?

PJSは私にとって「ジョハリの窓」のような存在でした。

(自己には、「公開された自己 」(open self)、「隠された自己」がある (hidden self) と共に、「自分は気がついていないものの、他人からは見られている自己 」(blind self) もあるし、「誰からもまだ知られていない自己 」(unknown self) があると考えられる)
いろんな自己を気付かせてくれた場、それがPJSでした。

12.PJSはあなたと、あなたの就職活動にとってどのような価値があったでしょうか?PJSの何が、どんな役に立ったでしょうか?

ともに就職活動をする意識の高い学生さんがPJSには集まっているので、お互い切磋琢磨しながら「相乗効果」というか、一人で就職活動をすすめるよりも効果的な就職活動をすることができるという価値があると思います。

ディスカッションの練習や面接の練習、ケースの練習、企業研究などを、一人ではなく集団でできる場というのは私にとって役に立ちました。ライバル意識もいい効果を生むと思います。

メーリスを通してあらゆる情報の共有もできますし、他人の書いたエントリーシート(はじめの段階から先生が添削し、修正していく段階まで)を読めるというのは、私にとってとても勉強になりましたね。

あと、当たり前ですが、メールの書き方や社会人の常識・マナーなどを先生に教えて頂いたのは(その当たり前を知らなかった私にとって)役に立ちました。

13.PJSの限界や、不足している部分はどのようなものですか?何かそれを補う手立てがあれば、それも教えていただけますでしょうか。

PJSの限界ですか・・・うーん、

当たり前のことですが、集まる日が限られているということ。基礎プログラムもそうですが、特に基礎プログラムが終わった後の就活MTGは曜日・時間帯ともに限られているので、人によっては都合が合わず不参加が多くなる可能性があるというところ。参加・不参加ともに自分の意思に任されているので、そこで本気を出してなるべく参加しようという意思を持ち続けることが、人によっては差がうまれてくるかな、と思います。

つまり不参加が多くなると、どうしてもPJSから遠のく人も出てくるのでは、と。

みんなが内定が出だした→自分はまだ出ていない→MTGにもあまり行っていない→もう就職活動のバッドエピソードにのってきているし、やる気もなくなってきた→家にひきこもる、、、みたいな。私個人の意見としては、MTGに参加すると、自分に今足りないところを指摘してもらえるし、自分でも意識することができるので、なるべく不参加のブランクは大きくしないほうがいいと思うんですよね。

それを補う手立て・・・

MTG後半でうまれた「土日以外の日にたまにMTGをする日をつくる」ですかね?

ただこのあたりは先生のスケジュールにもよるので難しいとは思うのですが・・・

午前にやるときと、午後にやるときの両パターンをつくるのはいい案かなとおもいます。

あと、PJSにはどうしても「高学歴・優秀な学生」が多く集まる印象があります。

意識が高く、わざわざ参加する人たちなので当たり前なのですが、「自分は他の人より学歴も低いし、あんなにすごい経験もってないからなぁ・・・・あの人は就職活動うまくいくだろうけど、自分はダメだ」という劣等感・悩み・不安をもつメンバーも実はいるのかもしれません。(それか今後うまれてくるかもしれません。)

そういった、メンバーに対し自信をつけ、就職活動は自分の頑張り次第でいくらでも行きたい会社に入れるんだ、ということを理解させるアプローチは何かしら必要なのかもしれません。(具体的な方策は思いつかないのですが)

就職活動をしていると、やはり「学歴が重要視される」「豪華な経験が注目される」など深く信じている(勘違いしている)学生が多いことを実感しますね。

14.PJSはこんな人が活用するとよい、といったイメージが何かありますか?こういう人は向かないということや、PJSを上手く活用する方法などもあれば教えてください。

なんとなく、就職活動に対し「不安」を覚えている人。

受験勉強と同様、就職活動にもなにかしらのテクニックや手順があるような気がするが、それが分からない人。

もしくは、明確に自分が目指す企業が分かっており、そこに入るために確実に努力を積みたい人。
エントリーシートの添削、面接の練習など、誰かしら自分の「コーチ」のような存在を求めている人。

「内定」をもらうことを目的とするだけでなく、就職活動を通し自分を成長させたい人。
社会人になるとはどういうことか、仕事をするとはどういうことか、など社会に出る前に常識を知っておきたい人。

あくまでイメージですが、上記のような人はPJSを活用するといいのではないかな、と思います。

PJSの活用の仕方

①PJSでは筆記テスト対策、企業研究対策に期待はもたないようにすること。筆記テスト対策は自分の努力にまかされるということをはじめのうちに理解しておくこと。また、企業研究にも時間はかけないので、行きたい業界が決まっていない人はある程度の知識は自分の努力で研究しておく必要がある。(当時の私は基礎プログラム内で、すべての業界の知識・適した人材像などを進学塾のようにみんなで勉強するのかと思っていました(笑))

②集団、という特徴を上手く利用すること。ひとりでできないことがPJSではできるのが大きなポイント。ディスカッションの練習、情報の共有、面接力の向上などはPJSで大いにレベルアップを期待できる。

③メーリスの積極的活用。あまりメーリスにESを流さない人もいますが、メーリスでなくても構わないので、「先生に聞きたい素朴な疑問」「ESの添削」などはなるべくたくさん、積極的に送るのがよい。うまくまとまらない段階のESでもいいので、とにかく書いて書いて、送る。そして何度も修正する。だんだんとESの書き方がわかってくる。

この過程を早い段階でつかめた人は、いいスタートをきれると思います。

→総合的に言うと、遠慮しないでPJSを積極的に活用しなさい!って感じです。

メッセージがあればお願いいたします。

先生とPJSで時間を過ごせたことを心から感謝しています。私にとって、PJSで得た宝物は、「社会人になることは、決してつらいことではなく、素晴らしいことなんだよ」という価値観です。

多くの学生は、「就職して社会人になること」に対してどちらかというとマイナスのイメージを持っていると思います。わたしもそうでした。フリーターになるわけにもいかないし仕方ないから就職する、みんなしてるから就職する、大卒だし就職するのは当たり前・・・。

でも、PJSに参加してみて、先生とは「就活のハウツー・テクニック・ノウハウ等を教えてくれる塾の先生」では決してなく、本当に人間らしく、「君たちひとりひとりは、どんな人間になって、どんな人生を歩んで行きたいの?」という問いをいつも私たちに投げかけてくれていたように感じました。

その人間くささこそが、根本から自分の価値観を問う姿勢を教えてくれましたし、「本当に自分は就職をしたいのか?」「自分は本当はどういう人間なのか?」「どんなことを求めているのか?」「どんな価値をうむと喜びを感じるのか?」などという大切な問いを自分自身に問いかける機会を与えてくれました。

今、冷静に考えるとPJSで学んだことは決して特別なノウハウではなく、社会人になるために得ておくべき当たり前のこと、をたくさん学んだんだなという感想です。問いに対する論理的な回答の仕方、人とディスカッションするときの社会人としての姿勢、自分の考えを構造的に人に伝える力・・・などなど。

何よりも自分一人では分からなかった「自分のこと」がたくさん分かりました。まさにPJSは私にとってのジョハリの窓です。

今年は急な金融危機で、私たちだけでなく先生にとっても、もどかしいというか、思い通りにならないというか、自分の力が届かない悔しさを覚えた年だったんじゃないかなと思います。PJSに参加しているのは自分のためなのに、結果がなかなかでず「先生に申し訳ない・・・」と思うことも多々ありました。こういった気持ちはきっと、私だけが覚えた感情ではないと思います。

とにかく、最後の最後まで、ときに厳しい言葉をかけながら人間くさく付き合って頂いた先生には感謝しています。

今後のPJS生(後輩たち)にも、先輩として何か伝えていければいいな、と思います。

AD