2010年卒 日興コーディアル証券入社 Iさん

2010年卒 日興コーディアル証券入社 Iさん

1.就職活動はあなたにとってどんなものでしたか?あなたに何をもたらした時間でしたか?まずは簡単に感想をどうぞ。

世間では求人数が減り、買い手市場になって厳しくなっていると言われていましたが、私は楽しかったのが率直な感想です。就職活動は自分の過去の人生や今後の人生を真剣に考える契機となりました。

2.就職活動を始めた頃のことを思い出してみてください。どのような期待や不安があったでしょうか?当時はどのように就職活動をとらえていたでしょうか?

買い手市場と言われたところで、毎年大手企業の採用は倍率が100倍を超えるので大したことはないと思っていました。
いいように言えば何とかなると楽観的に考えていました。

不安は正直言ってありませんでした。むしろ楽しみのほうが大きかったです。

内定1つ出ればそれでいいと思っていましたので。一言で言えば超強気ですね。

3.最初の頃の志望業界・企業はどのようなところだったでしょうか?それはどのような理由からだったでしょうか?

メーカーと商社です。

メーカーは身近であること、商社は海外でバリバリ仕事ができるという理由でした。

4.就職活動を通して、志望業界・企業・職種にどのような変化があったでしょうか?その変化を生んだ要因にはどのようなものがあったでしょうか?

メーカーは違うと思うようになりました。メーカーはどの市場も成熟しきっていて、仕事をやるには面白みに欠けると思いました。あとは給料が安くて激務なところが私は嫌だと感じました。

どうせやるなら自分の力で市場に大きな影響を与え、競争原理が働く仕事が合っていると思い、金融業界、その中でも証券業界を志望するようになりました。やはり、Strength Finderで強みを知ったことが大きかったです。

5.就職活動を通して、自分自身にはどのような変化があったでしょうか?自分に影響を与えたものには、どのようなものがあったでしょうか?

自分はできると思いこんで、自分を乗せていけるところがあります。ただ、PJSに入ると周りは頭のいい人が多かったことがあり、その思いは違うことに気付きました。

PJSのメンバーや先生と出会えたことは大きかったと思います。ただ、負けず嫌いな性格から、どんどん自分の能力を高めてやろうと思いました。

6.今振り返ってみて、ご自身の考える「就職活動の成功」とはどのようなものですか?

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、自分のやりたいことを見つけ、それが実現できる会社を見つけることだと思います。それが大企業でも、そうでなくても関係ないと思います。

7.就職活動を成功させるうえで、どのようなことが大切だと思いますか?あれはもっとやっておけばよかった、あれはやらなければよかった、あれはやっておいて正解だったといったことはどのようなことですか?

割り切ることが大切だと思います。選考で何社も落ちて負のスパイラルに陥ると、受かる面接が受からなくなります。

周りに多いのですが、どうしても媚びるような面接になってしまうと思います。自己分析はほどほどにしておけばいいのかなと思います。やりすぎるとそもそも何のためにやっているのか分からなくなります。

Strength Finderはやってよかったと思います。自分のやりたいことと能力をマッチングできればあとはそれを面接で話せば受かります。あとは、就活モードになりすぎないことでしょうか。

私は忙しい時期でも週3回はアルバイトをし、時間を見つけては遊んだりもしました。

8.最終的にどこから内定を得て、どこに入社すると決意されましたか?その企業を選んだ理由はなんだったでしょうか?

日興コーディアル証券と東京海上日動から内定をいただきました。

最終的に日興コーディアル証券に入社することにしました。評価システムそのものが、頑張った分だけ給料に反映される成果主義だからです。

あとは、厳しい仕事をやる上で、競争で勝つことで満足を得られる自分の性格と業務が合っているような感じがしました。

9.あらためてご自身の就職活動を振り返って特に印象深かったことはどんなことですか?あなたにとって就職活動とはどんな経験でしたか?

自分のやりたいことは何かということもそうですが、特に自分の悪いところに目を向けられるいい機会だと思います。そこで自分がまだまだということに気付いて、そこから這い上がってまた成長できる、それが就職活動でした。感想としては楽しかったです。

10.ご自身で伝えたいことがあれば何でもどうぞ。後輩たちへ向けて、アドバイスがあればそれもお願いします。

企業に選ばれるのではなく、自分で選ぶ就職活動にしてもらえればと思います。世の中には数え切れないほどの企業が存在し、何らかの媒体を通じて、就職活動生にアプローチをかけてきます。あの会社もいいな、この会社もいいなと振り回されてはいけないと思います。

自分がどうしたいのか、何を企業に求めるのかを考えて欲しいと思います。そして、それを実現できる業界・会社はどこなのかを見つけて欲しいと思います。

11.PJSについてお聞かせください。あなたにとってPJSは一言で言うと、どういう存在だったでしょうか?

先生を含め、刺激を受けられる集団でした。

自分は自信過剰なところがあり、楽観的に物事を見ることができることはいいのですが、他のPJSメンバーが頭の切れる人ばっかりなことに驚きました。

12.PJSはあなたと、あなたの就職活動にとってどのような価値があったでしょうか?PJSの何が、どんな役に立ったでしょうか?

今でもまだまだ足りない部分ではありますが、常に物事を考える習慣をつけることを教えてくれた部分です。

13.PJSの限界や、不足している部分はどのようなものですか?何かそれを補う手立てがあれば、それも教えていただけますでしょうか。

先生1人に対して、メンバーの数が多いところです。

基礎プログラムの時はいいのですが、就活ミーティングになると、6月期から12月期まで合わせると50人くらいいるので、模擬面接等で先生から直接フィードバックがなかなかもらえなくなることが多くなるように思います。

14.PJSはこんな人が活用するとよい、といったイメージが何かありますか?こういう人は向かないということや、PJSを上手く活用する方法などもあれば教えてください。

精神的にタフな人がいいのではないかと思います。

模擬面接やES添削等で先生からボコボコにされても、気持ちの切り替えができる人であれば活用する価値はあると思います。先生が仰っている、主体性・論理性・協調性を自分の努力で伸ばすことのできる人なら大丈夫です。

PJSの活用の仕方

①PJSでは筆記テスト対策、企業研究対策に期待はもたないようにすること

筆記テスト対策は自分の努力にまかされるということをはじめのうちに理解しておくこと。また、企業研究にも時間はかけないので、行きたい業界が決まっていない人はある程度の知識は自分の努力で研究しておく必要がある。(当時の私は基礎プログラム内で、すべての業界の知識・適した人材像などを進学塾のようにみんなで勉強するのかと思っていました(笑))

②集団、という特徴を上手く利用すること

ひとりでできないことがPJSではできるのが大きなポイント。ディスカッションの練習、情報の共有、面接力の向上などはPJSで大いにレベルアップを期待できる。

③メーリスの積極的活用

あまりメーリスにESを流さない人もいますが、メーリスでなくても構わないので、「先生に聞きたい素朴な疑問」「ESの添削」などはなるべくたくさん、積極的に送るのがよい。うまくまとまらない段階のESでもいいので、とにかく書いて書いて、送る。そして何度も修正する。だんだんとESの書き方がわかってくる。この過程を早い段階でつかめた人は、いいスタートをきれると思います。

→総合的に言うと、遠慮しないでPJSを積極的に活用しなさい!って感じです。

メッセージがあればお願いいたします。

約半年間、就職活動のサポートでお世話になりましたが、今後も宜しくお願いします。

AD