就活ノウハウ

【傾向と対策】これで緊張しない!圧迫面接を含む面接パターン5つを解説!

面接が苦手な全ての学生へ!

この記事では、就活の面接対策術を超基本的なことからわかりやすく解説していきます。基本を抑えるだけで、面接に対する漠然とした不安も解消されると思います。
ただ、面接と言っても様々なパターンがある。まずはこの記事で、面接の基本パターンを押さえていこう。
基本をおさえているという学生は、ぜひ以下の記事から自分に合ったテクニックを見つけてほしい。

また、皆さんの中には、「圧迫面接」という言葉を聞いたことがある人もいるだろう。
この圧迫面接についても、今回は特別に取り上げていくので、参考にしていただければと思います。

面接で見られることは基本的な「3つの能力」

就活の面接選考では、あなたの何を見られているのかを、きちんと知っているだろうか。
一般的に、「人間性」「その人の魅力」などと答える人もいるが、間違いではないが厳密には少し違う。

「人間性」などで相手を評価すると、面接官の好みなどが反映され、評価が偏ってしまう可能性がある。

そこで、偏りのない評価をするために、実は、全ての企業に共通した評価項目があるのだ。それは、次の3つだ。

面接選考では、この3つの項目を、チェックシートなどを使ってチェックし、他の希望者と相対的に評価しているのである。

また、よく「コミュニケーション能力が高い人が高い評価を受ける」と言われているが、それも事実で、コミュニケーション能力と前述した「主体性」「協調性」「論理性」の3つを合わせて評価しているのだ。

面接で見極められるポイント

主体性:苦労できる人材であるか。
協調性:誰とでも仲良くなれる人材であるか。
論理性:課題解決力があるか。

では、次から、面接の形式について解説をしていこう。

面接パターン1:個人面接

個人面接は、「面接官が1人または2人以上」に対し、「就活生1人」で行われる面接形式である。

面接は、個室で行われる場合もあれば、大きな会場を借りきり、仕切りで分けられたブース毎に行われることもある。また、就活生1人はパイプ椅子に座り、やや距離を置いた位置にある長机に面接官3人が座って、尋問されるかのようなパターンもある。
形はどうであれ、個人面接の目的は、「時間をかけてあなたを見るため」だ。あなただけに貴重な時間を割くのだから、企業としても重要な面接である。
だから、希望者が多い企業では、最初は集団面接を行い、個人面接の形式は、3次面接や最終面接でとられることが多い。

面接パターン2:集団面接

集団面接は、「面接官1人」に対して、「就活生が2人以上」の形式で行われる面接である。

この集団面接は、希望者が多い有名企業の1次面接や2次面接で行われることが多い。主に、ブライダルや航空業界などの人気職種の企業ではよくとられる形式だ。
なぜならば、希望者を落とすための面接だからである。

集団面接では、あなたたち一人ひとりを見ている余裕はまったくない。だから、単に人数を効率的に減らしたい場合や、記念で選考を受けるような人を減らすために使われる面接である。
しかし、評価項目は個人面接とは変わらない。相対評価ではなくて絶対評価だ。
だから、普通に面接をこなすことができれば、落とされることはないだろう。

面接パターン3:役員面接

役員面接は、基本的にどの企業でも「最終面接」で行われる。それまでの面接では、主に現場社員か、採用コンサルタントが面接官をしている。

役員面接までの普通の面接は、先に紹介した「主体性」「協調性」「論理性」が評価されているわけだが、役員面接の評価は少し違うことを知っておこう。

役員面接では、役員の直感によって合否が決まることがほとんどのように感じる。役員面接は、いわゆる「ご縁」を決める面接である。
役員の眼力で、能力ではなく、「会社に合っている」「合っていない」を見極める比重が多い。

面接パターン4:人事面接

人事面接は、最終面接を突破して「内定の意思確認」として行われるケースが多い。役員面接の後に、この人事面接がある場合がそのパターンだ。

「内定を出すかどうか」はこの面接で決定されることが多い。
つまり、ここまで進んだら、内定を取れる確率はかなり高いので、必ず第1志望であることを伝えることが大切だ。
本当は第2希望である場合は、正直にそれを伝えても構わないが、1つ間違えると、「内定」を貰える確率が下がってしまうことがあるから気をつけたい。
なぜなら、内定辞退をされそうな学生に、わざわざ内定を出す必要はないからである。最悪、内定が貰えないことにつながってしまうこともある。
そのことをよく考えた上で、この面接に挑むことが大切である。

面接の目的まとめ

個人面接:受からせるための面接
グループ面接:落とすための面接
役員面接:社風に合うかを判断するための面接
人事面接:内定辞退しないかを判断するための面接

面接パターン5:圧迫面接

最後に、圧迫面接について知っておこう。

まず、圧迫面接は、これまでに紹介してきた面接の形式ではない。これは、面接官が、“わざと演技をして”、学生に威圧的な態度をとって面接を行う形式である。

例えば、あなたの答えの全てに対して、「それで?」と延々と繰り返したり、「それって面白いの?」と言って、学生を狼狽させるような反応をしたりする。
面接官がこのような態度に出るのは、そもそも業務内容でクレーム処理が多い業界(サービス業界など)で実施されている。

実際の仕事では、強いプレッシャーがかかることがある。時には、お客さまから威圧的な対応をされることもある。
そのような事態になったときに、あなたがどのような対応ができるのかを、演技をしながら見ているのだ。

だから、わざとやっているということを知っておこう。それだけで、ちょっと気持ちは楽になるはずである。

圧迫面接の対処法とは

こうした圧迫面接に遭遇した場合の対処法は、相手の土俵に乗らないこと。

面接官は、あなたが狼狽したり、焦ったりすることを想定して行っている。それでは面接官の思うつぼだ。
相手の土俵に乗ってしまっては、評価されず、不合格になる可能性も高くなる。
このような状況になったら、「話長かったですかね…?」「もしくは質問と違うことを答えてしまったでしょうか…?」などというように、機転を利かせたコミュニケーションをして状況を打開しよう。
普段、アルバイトで実践してしているような対応を、面接でも行えばよいだけである。面接官はあなたのそうした機転を利かせたコミュニケーションを評価しているから、焦らずに冷静に対応していこう。

圧迫面接は、あなたのことを嫌いだからしているのではない。あなたの機転を利かす能力を見るために演技でしているのだ。
ぜひこのことは覚えておいて欲しい。

ここで紹介したことを頭に入れて、本番の面接までに、色々な対策を考えてみてほしい。

圧迫面接をしてくる面接官は、わざと演技をしている。
自分はプレッシャーやトラブルにも対応できるということをアピールしよう!

いかがでしたでしょうか。
面接は数をこなすことが大事で、しかもいろいろなパターンを経験することが大事だと学んでいただけだろうか。

PJSの就活サポートサービスでは、面接対策をとにかく繰り返して、「これなら絶対に落ちない」という自信を持った状態で学生を送り出している。
ぜひ面接に苦手意識がある方は、個別面談に遊びにきてはいかがでしょうか。

後悔のない就活をしよう!

PJSでは、完全マンツーマンの個別就活サポートサービスを運営しています。


これまで利用した学生の内定率は100%、満足度は98%で、卒業生は500名以上!


完全無料でサービスを利用することが可能ですので、まずは1度就活相談に来てみませんか!


個別就活相談へ行く!