就活ノウハウ

電話・メール・服装……就活や面接で気を付けておきたいビジネスマナーを解説!

「私服でお越しください」って?

 

実際に届いたご質問

はじめまして。いつもブログやメルマガ楽しみにしております。
今日、ある会社から「インターンシップは私服でお越しください」と連絡がきましたが、
どの程度のものが良いのでしょうか。
また、気をつけるべきマナーはありますか?

回答

ご質問ありがとうございます!

やっぱりこの時期「マナー」の話は気になりますよね。
それでは、回答させて頂きます。

私服OKということは、インターンでも面接でも、スーツ以外で行くべきです。
企業の思惑には「なるべく気軽に取り組んで欲しい」という思いがあり、
わざわざ「私服OK」と明記しております。

服装について何も書いていない企業であれば、もちろんスーツで行くべきです。
ただ「私服OK」はあえて記載しているケースが多いのです。

おすすめの私服面接ファッションチョイス

そこで!

どんな私服が良いかというと、いわゆる「ビジネスカジュアル」(オフィスカジュアル)の服装が良いでしょう。

男性であれば、上半身はポロシャツ、下はチノパンのような。
女性であれば、襟付きのシャツに、下はスカートでもパンツでも構わないと思います。
 
(夏でなければ、上半身にジャケットを羽織れば良いです。
ユニクロでも良いですよ!実際私はユニクロのパンツをかなり愛用しておりますし。)

※参考URL※

 「ビジネスカジュアル」ってどんな格好なんだろう?
 少ない服で着回すオフィスカジュアル・通勤服の揃え方

「私服」「メール」「電話」の中で注意すべきポイントは……

と……ここまで書いておりますが、別に服装で選考結果が大きく変わることはあまりありません。
実は、企業が最も見ているのは「メール」と「電話」!!

メール

メールの送り方が全然できていない人が、実はかなりいます。
件名がない。宛名がない。署名がない。最初に名乗らない。「お世話になっております」を書かない…などなど。
超失礼にあたるようなメールをどんどん送ってくる学生さんもいて、結構企業はおかんむりです……。

 

電話

また、採用コンサルの仕事をしていて、企業の人事担当者に代わり、学生さんに電話をかけることもあるのですが、

はーい?
…え?何?

と電話に出ていたり、最後まで「私は○○です」と名乗らない方も、かなりいます。
「私は大丈夫!」と思っていても、いざ企業から電話が来たら、ドキドキして意外とできないものですよ。

基本はビジネスマナー

そして、言うまでもなくそのような「ビジネスマナー」を知らない学生は…。お察しください。

本当は「マナー」という分野は、ここでは伝えきれないほど多岐にわたりますが、
まずは基本的なところから、自分の「マナー力」や意識を見直してみましょう。

ビジネスマナーが完璧に身についていなくても、
「この学生は、マナーに気を付けようとしているんだな」
「こっちの学生は、マナーに無頓着なんだな」
というのは、人事担当者には伝わるものです。

気を付けるべきは何においても「マナー」

皆さんが想像もつかないところで、実は企業の採点は始まっています。

ただ意外と気にしていない「マナー」は選考の結果に大きく関わる!ということだけは認識していても間違いありません。

だって、数回しか面接できないのですから、「会っていない」ときにも、受験学生さんのことは判断しておきたいですよね。

補足ですが…(多分大丈夫であることを祈っております)

● 説明会などをドタキャンする
● 企業からのメールをしかとする

などはもっての他ですよ。

超当たり前ですが、今の便利な世の中、誰がドタキャンをしたかどうかなんて、すぐわかっちゃいます。
焦らせるように聞こえてしまったらすみません。

しかし、「学生にとっての当たり前」と「社会人にとっての当たり前」は全く違います。

私も、実際に社会人になってから知ったこともたくさんあるので、
大きな口を叩ける立場ではないのですが、

「せっかくのチャンスをこんな小さいことで無駄にして欲しくない」

という思いで、心を込めて書いてみました。

今回はかなり重要なことでしたので、長めに書いてしまいましたが、
本当に大切なので覚えておいてくださいね。

後悔のない就活をしよう!

PJSでは、完全マンツーマンの個別就活サポートサービスを運営しています。


これまで利用した学生の内定率は100%、満足度は98%で、卒業生は500名以上!


完全無料でサービスを利用することが可能ですので、まずは1度就活相談に来てみませんか!


個別就活相談へ行く!