インフラ

【業界研究】エネルギー業界に就職するための業界分析と仕事内容を解説!

生活において欠かせないもの。

それが、電気・ガスなどのエネルギー。

そんな人々の当たり前をつくるこの業界のやりがいや魅力はどのようなものでしょうか。

エネルギー業界って、グローバルなイメージだし、安定しているし、なくてはならないものだし。

このような魅力を感じていることでしょう。

本当にそのとおりで、今こうやって私が当たり前に過ごせていることも、このエネルギー業界のおかげと言えるでしょう。

一方で、就職先となると、あまりに規模が大きくて業界研究や企業研究が難しい業界の1つです。

東京電力と関西電力はなにがちがう?
東京ガスと大阪ガスの違いはなに?

その前に、、、エネルギー業界の先輩と出会おう!

実際に企業研究をするにはその業界で働く先輩の声を聞くのが一番。

エネルギー業界のOB・OG探すのはなかなか難しく、キャリアセンターなどであたってみていただきたいのですが、なかなかOBOG訪問ができないというケースも散見されます。

そのときに、オススメなのが「Meets Company」というサービスです。

Meets Companyは毎年10万人、就職決定者約5000人、就活生の5人に1人が利用しているサービスです。

メインコンテンツとして座談会を行っており、企業と近い距離で話やアピールが出来るので、このサイトを通して就職を決めている就活生も少なくありません。

ここで出会った就活生が増えれば増えるほど、エネルギー業界出身者と出会う可能性が高くなるので、まずはこういうイベントで人脈を創ることをオススメします!

それでは、次のページからエネルギー業界について一つずつ解説していきます。

この記事でわかること

・エネルギー業界の全体分析
・電力、ガス、石油業界の特徴
・エネルギー業界に向いている人

エネルギー業界の全体分析