就活ノウハウ

自己分析で導き出すもの

自己分析では結局どういう結果を出そうとすればいいのでしょうか?
私はビジョンストレングススキルの3つをその時点その時点で整理することだと考えています。

自己分析の3つのアウトプット

ビジョン

自分が心の底からどんな世界を望んでいるか。その世界を創造していく上で、自分はどんな貢献をしたいか。問題意識。

ストレングス

自分が心底楽しめるもの。時間を忘れて没頭する領域。状況に対して無意識に選択される思考のクセ。自分にとって快適な環境。

スキル

客観的に評価できる・されるもの。○○力のように表現できるもの。仕事において収入を得る手立て

自己分析をして自分なりのビジョンを構築する

ビジョンはあなたのもの

ビジョンに良いも悪いもありません。マザーテレサの「最も貧しい人に仕える」というビジョンも、誰かの「自分の家族と幸せに暮らす」というビジョンも、心の底から思うことであれば同様に価値があるものだと私は思います。

大切なのは、いつもそのビジョンが自分自身を支えてくれることです。本物のビジョンはいつも自分を支えてくれます。

「家族と幸せに暮らす」というビジョンのがあなたのビジョンだとします。そのビジョンが本物であれば、例えば仕事でつらいことがあっても家族のために頑張れるものです。仕事を効率的に進めて早く家に帰って自分の子どもと大切な時間を過ごそう、とも思えるでしょう。もっと仕事を頑張って収入を増やして自分の伴侶と豪華な旅行に行こうと思えるかもしれません。

「環境問題を絶対解決するんだ!」というビジョンのがあなたのビジョンだとします。最初の頃は、周囲の無理解に苦しむかもしれません。自分だけが頑張っている、と絶望を覚えるかもしれません。しかしビジョンが本物であれば、あなたはそれに向かって突き進むでしょう。いずれ、助けてくれる仲間にも出会えるものです。

しかし、その逆もまたあり得ます。

「医者になって、病に苦しむ人を助けるんだ」というビジョンのがあなたのビジョンだとします。それは立派なビジョンだと思いますが、それがあなた自身の本物のビジョンではなく、親や周囲からの期待に応えようとするだけのものであれば、そのビジョンはあなたを幸せにしないでしょう。
実際に、親の期待から医者になった人で、医者としては十分に優秀だけれど、とにかく早くリタイア生活をしようと考えている人もいるわけです。

どのようなビジョンであっても、本物のビジョンはいつもあなたを支えてくれます。逆にいえば、あなたを支えてくれないビジョンは本物のビジョンではありません。

所属するではなく参加する

これからは一人一人がビジョンを持っていい時代です。

今までは多くの人は企業という組織に”所属”していました。
仕事の意味は会社から与えられる。収入は会社が保証してくれる。そうやって組織と自分の境目がだんだんとなくなっていったわけですが、会社の経営が厳しくなると、所詮組織と個人はベツモノであるということが露呈しました。会社という組織を過剰に信頼して思考停止に陥った個人が路頭に迷うということが、日本で現実に起きたわけです。

これからは一人一人が自分のビジョンに沿って、事業に参加する時代になっていくでしょう。一旦所属してしまえば、あとはある程度組織任せでもどうにかなってしまう時代は終わりました。自己責任の時代と呼ばれ、確かに個人にとってみれば厳しい時代でもありますが、でもワクワクする時代でもあります!
自分の責任で、自分のビジョンをどんどん追求していく時代になっていくのですから。

自己分析をしてビジョンを言葉にする

自己分析をしてみたら自分のビジョンを自分なりの言葉で表現してみましょう。先ほども書きましたが、ビジョンに良いも悪いもありません。正解も不正解もありません。ただあるのは自分にとって本物かどうか、ということだけです。

先日私のコーチが彼のビジョンを送ってきてくれました。

以前から私が夢見ているのは、「完全適材適所社会」です。
人が、各個人単位で精神的・経済的に自立し、人生の各ステージにおいて本当にやりたい事をしながらイキイキと自分の役割を果たし、学び、成長していく状態です。
足りないものに焦点を当てて競い合い、奪い合うのではなく、違いを認めて新しい価値を生み出し、豊かさを創り上げることです。

また他の友人はこういうビジョンを私に語ってくれました。

鉄道ってのはすごいエコな輸送機関なんだよね。もっと鉄道が活躍できるようになる場面があると思う。
大地震が日本を襲った時に、輸送に困らないように、日本の背骨に鉄道を通す必要性はあると思うんだ。
土地の交渉とかはとても大変だけれど、大事な仕事だと思っている。

また、PJSの活動で知り合った学生(当時)の方は、こういうことを言っていました。

僕は凄く両親を尊敬しています。
自分に奥さんがいて、奥さんを幸せにして、子どもがいて、子供を幸せにして、結局それが、自分にとっての大人だし、社会人だなーって思います。

ココにあげたのは私がそれを聞いた時に「本物」だと感じたものです。テーマも範囲も全然違うかもしれませんが、どれも本物のビジョンだと、私は感じています。

後悔のない就活をしよう!

PJSでは、完全マンツーマンの個別就活サポートサービスを運営しています。


これまで利用した学生の内定率は100%、満足度は98%で、卒業生は500名以上!


完全無料でサービスを利用することが可能ですので、まずは1度就活相談に来てみませんか!


個別就活相談へ行く!