インターンシップの意味と対策

どの企業に参加する?インターンシップ先企業の選び方

悩める就活生
悩める就活生
サマーインターンの締め切りも間近、秋インターンも含めてまだインターン参加について悩み中……

そんな2022卒のあなたに!
今回は「インターンシップの企業選び」についてお問い合わせ頂いた内容を共有します。

インターン参加の戦略

実際に届いたご質問

まだ興味のある業界が決まってません。
その場合、どのようなインターンシップに参加すればいいですか?

回答

毎年よくある質問なのですが、毎年同じ回答をしております。
結論から言うと12月までは、「興味がない企業(業界)のインターンに行きまくれ!」と学生には伝えています。理由は大きくわけて2点あり、12月まではその方が効率的であると考えるからです。

理由1:興味がない理由を探すと、行きたい会社が絞れてくるから

今の時期に興味があるところに行っても、どうせ「あーやっぱり良かったなぁ」で終わってしまうケースがほとんどです。憧れで参加しているわけで、憧れの企業内に潜入できるし、憧れの社員にも会えるので、大満足して終わるでしょう。

ただ、その時間を過ごしても決して志望する企業(業界)の理由が明確になるわけではありません。(この場合、明確になるとは「完璧に言語化」できる状態)

そこで実施して欲しいことが、全く選択肢になかった企業(業界)を受けて、やっぱり興味がなかった時、興味がない理由をひたすら集めることです。いわゆる消去法ですね。
行きたい理由はたくさんあるもので、それを絞るのは難しいです。行きたくない理由や業界を挙げていけば、自然と選択肢が少なくなっていって絞りやすいです。
どんな理由でも構いません。
行きたくない、興味がわかない、違和感がある。
これらを大切にして、とにかくその理由を書き出してください。このノートに書き留めた行きたくない理由の逆側が、実は行きたい理由(得てして優先度が高い)だったりします。

例えば「どうも作業が個人プレーが多くて寂しいな……」と感じるのであれば、それは、「チームで活動する仕事」を求めているでしょう。
チームで活動する環境を求めていて、やっぱり思った通りだったというインパクトよりも「個人プレーは嫌だ」というインパクトのほうが残りやすく、企業が絞りやすくなるものです。

この「興味がない理由」を12月までにひたすら書き留めて、逆の要素を分析すると、企業選びの軸が見つけやすくなります!
これらの作業が、3月になったときにとても役に立ちますので、ぜひお試しください。

理由2:どうせ興味がある企業は春になったら受けるから

これは、そのままですね。
最初に興味を持った企業は、例え志望度に変動があれ、どうせ春になったら説明会とかに行くものです。
後から聞ける説明、後から接点を持てる企業は後からでも大丈夫です。セミナーやら懇親会やら、1つの会社で何個もイベントやっていますからね。

でも、行きたくない、興味がない会社を受けてる暇は春にはありません。春には行きたい企業を絞ってないといけないわけです。
数を撃つ方もいますが、本腰を入れて選考を受けられる企業は、1人あたりだいたい10社くらいです。その10社の優先度を春にはばっちり決めてないといけないわけです!

3月1日時点で、よくある就活で苦戦するパターンとして

悩める就活生
悩める就活生
行きたい会社が絞りきれていない
行きたい会社の順位付けができていない
自分がどんな仕事をしたいのか、そもそもわかっていない

この3点でしょう。この3点に当てはまってしまうと、失敗とは言わないまでも、スタートダッシュができなくなります

そうならないために、この時間に余裕があるうちに「興味がない会社(業界)」のインターンシップに参加して欲しいのです。

「インターンシップは行かなくても大丈夫説」?

余談ですが、「インターンには行かなくても大丈夫」という説を耳にしますが、それは否定しておきます。
「インターンシップは本選考には関係ありません」とほぼ全社宣言しておりますが、そう宣言しないとインターンシップを実施できないだけで、ちゃんと戦略的に、本選考に関係あるインターンシップを行っていますよ。

実際、例年のPJS内定率を見てみると、3月1日以前に内定率は40%前後あります。インターンシップに参加した会社から、優秀な学生はどんどん内定をもらっていました。
また、8月1日の“見た目上”の選考開始日に、大量に内定が出ます。つまり、この時期までは「内定が取れる状態」になっていないと志望する企業に確実に入社するためには難しいというわけです。

情勢的にも「インターン直結採用」に関して容認姿勢がみられるため、2022卒からはインターンの有効活用がより必要になるのは確実です。志望企業はもちろん、幅広い企業をチェックしていきましょう!

後悔のない就活をしよう!

PJSでは、完全マンツーマンの個別就活サポートサービスを運営しています。


これまで利用した学生の内定率は100%、満足度は98%で、卒業生は500名以上!


完全無料でサービスを利用することが可能ですので、まずは1度就活相談に来てみませんか!


個別就活相談へ行く!