エントリーシートの書き方

【永久保存版】伝わる!エントリーシート 書き方の極意−01

「良い文章」と「悪い文章」

伝わるエントリーシートの書き方についてお伝えするにあたって、まず【良い文章】と【悪い文章】について考えてみましょう。

これまで、小学校の作文に始まり、大学のゼミレポートなど、たくさん文章を書く機会があったと思います。

その度に、いろいろなことに気をつけて文章を構成してきたと思いますが、みなさんはどんなことに気をつけて書いてみましたか?

それを思い出して、まずは1度、良い文章と悪い文章はどのようなものか考えてみましょう!

(近くに紙とペンがあったら、ぜひ書き出してみてくださいね。)

なぜこの作業が大事かと言うと…実はこれまで習ってきた文章を書くにあたってのポイント。

これがまさに、エントリーシートを書くにあたって大事なことなのです。

忘れていたり、もう身に染みつき過ぎて思いだしたりすることもないかもしれませんが、まずあなたが知っている文章を書くにあたっての必要な要素。

これが、まずエントリーシートを上手に書くポイントです。

一応、既に知っているであろう、文章を書くにあたっての基本的な要素を挙げてみます。

・誤字脱字がない(前述の通り、すごく大事です)
・「~です」「~ます」調を統一すること
・話が変わるときは、段落を変えて、最初の1マスを空ける
・主語と述語がはっきりとしている
・「て」「に」「を」「は」の使い方が正しい
・接続詞「そして」「~が」を乱用しない
・ら抜き言葉(ら抜き表現)で書かない

などなど…これは小学校の授業で習ったことですが、この基本は大切です。

この基本的な基本をクリアできているという前提で、エントリーシート書き方の極意をお伝えしていきます。

ES書き方の極意

有名企業のエントリーシートを公開!

PJSでは各業界の有名企業のエントリーシート過去問を豊富にご用意しています。エントリーシート添削の練習に入る前にぜひ参考にしてみてください。