【女子学生必見】就活中の面接や説明会…カラコンは有り?無し?

Portrait of a mature business woman smiling.

90年代の初め頃に試作品として開発され、その後流行している「カラーコンタクトレンズ」
最近では、カラーコンタクトレンズを着用して就職活動をおこなっている学生も少なく無いようです。

そこで、今回は就職活動時にカラーコンタクトレンズを着用している状態は企業側にどのような印象を与えるのかをまとめます。

そもそも、カラーコンタクトレンズの着用目的とは…

カラーコンタクトレンズは10代~20代の若い女性に人気で、その最大の魅力は、さまざまな色やデザインを楽しみながら自分好みのお洒落な目元を演出できることにあり、近年は色やデザインのバリエーションが充実している。

これまでコンタクトレンズは視力補正用がメインだったが、おしゃれ用カラーコンタクトレンズの登場で、視力が悪くない人もファッションの一部として楽しむことができるようになった。(参照:wikipedia

つまり、カラーコンタクトレンズは視力を良くするという目的ではなく、おしゃれをするためのファッションアイテムとして着用することが多いようですね。

就職活動中に着用している学生は?

160921blog1

(参照:ココ調就活女子50人調査)

以上の調査によると…

なんと就職活動中の女子学生50人中34人がカラーコンタクトレンズを着用しているという結果になりました。

3,4年前にはあまり見られなかった結果のような気もしますが、なぜ彼女たちはカラーコンタクトレンズを着用するのでしょうか?

カラーコンタクトレンズを着用する理由

160921blog4(参照:ココ調就活女子50人調査)

というように、カラーコンタクトレンズを着用している学生たちは、就職活動でより自分の良さを表現しようとしているようですね。

では、企業側はどのような印象を持つのでしょうか?

企業側の見た目の捉え方

学生からの人気企業23社への調査の結果…

160921blog2

(参照:ココ調就活女子50人調査)

なんと、65.2%の企業が「見た目を重視する」という結果になりました。

では、企業側からのカラーコンタクトレンズに対する印象はどうなんでしょう?

先程と同じ23社に「カラーコンタクトレンズはNGか否か」を伺ったところ39.1%の企業が「NG」という結果になりました。

160921blog3

(参照:ココ調就活女子50人調査)

もちろん、カラーコンタクトレンズの色にもよりますが…
控えめな色(黒、茶色)であれば、企業によって捉え方が違うようですね。

まとめ

以上のように企業によって捉え方が違うというような結果になりましたが、カラーコンタクトレンズは思っている以上に人に違和感を抱かせます。

より良い見た目を追求することも大切かもしれませんが、くれぐれも相手(企業側)の気分や想いを害さないような見た目を心掛けましょう!

是非皆さんには人工的な見た目ではなく、自分自身のなりたい姿や想いを伝えていただきたいと思います。

【LINE限定】最新の就活情報を配信中!

友だち追加