同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト

2011年卒 DeNA内定 上谷祐次亮さん(T大学大学院)

2011年卒 DeNA内定 上谷祐次亮さん(T大学大学院)

uetani001

まず率直にご自身の就活の満足度は、今振り返ってみて何点くらいでしたか?

そうですね、就活満足度は90点くらいでしょうか。内定先には大変満足しています。たくさんの企業を見てきましたが、魅力的な素晴らしい社員が本当に多いです。その点は大変満足しています。

あと、就活で得たものは本当に大きかったですね。自分が一回り、二回り成長できたというか。先生との出会いもそうだったし、PJSの仲間との出会いもそうだし、それ以外にも刺激的な出会いがたくさんありました。

DeNAに対する決め手というのは・・・適性・ビジョンとのマッチングを考えた時に、両方で最高なんじゃないかと思っています。DeNAは変な人が多くて(笑)、何でも言っていい、という環境。「ルールだから」みたいなことで、慣習に縛られるとか、僕自身はあんまり好きじゃないんですね。DeNAは「誰が言ったか」じゃなくて「何を言ったか」が大事、それが伝わってくるし、そういうところが自分に合っているなと感じています。

僕は将来起業したいという想いが強くて、起業して成功しようと思った時にDeNAという組織は魅力的でした。面接の中でも「私はいずれ起業するので、御社を辞めます!」とかって言ったんですよね(笑)社長面接で。そうしたら「あー、いいねぇ、そういうの。そういう人が最近減っちゃってねー」と返ってきた(笑)そういうところが合ってるなって感じています。

90点で、足りない10点って言うのは、結局他の企業の内定を取らずに終えたところですね。IBCSも三菱商事も、みずほのIBも最終面接までいったんですけど「ここに絶対行くんだ!」って想いが欠けてたんですよね、きっと。DeNAは早めに内定をもらっていての就活だったわけですが、正直他から内定をもらってもDeNAを選ぶだろうなって思いながらやっていたんです。変な意地で就活を続けていた感じですが、その気持ちが面接でばれてしまった(笑)

先生が言ってた通りです。面接でほとんど嘘は通用しない(笑)

uetani002

PJSを活用しようと思ったきっかけや理由は?

Gmailの広告を見て、メルマガを登録したのが最初だったと思います。就職スクール的なものは利用しようとなんとなく思っていたんですね。一人でやるより、体系だったノウハウを活用した方が効率がいいだろうと思って。他にも色々と探したんですけれど、自分としてはピンとくるものがなくて。

PJSは、総合的に全部手を打てるということと、社会人、先生から直接フィードバックがもらえること、その2点が決め手で参加しました。

自己分析も、企業研究も、面接対策も、GD対策も必要なものは全部対策できるし、それが教えっぱなしじゃなくて、徹底したフォローがある。それが魅力でした。実際に入ってみて「徹底したフォロー」ってのは期待していた以上でした。

参加するにあたって不安もあったのでは?

そうですね。始める際の不安としては、卒業生を見る限り、良くも悪くも業界がバラバラだったことです。当初は外資コンサルの志望度が高かったので、その点はPJSでいいのか?と考えた点でした。

でも、一番不安として大きかったのは「自分って何が足りてないのかよく分からない」ということでした。ES、GD、面接、それぞれでどこが悪いのかよく分からない。それで、一通り基礎から学びたい、と。学生同士でのフィードバックも限界があるなと思ってて、直接社会人からフィードバックが欲しいなと思ってました。それが満たせる場だと。

PJSは実際、どういう風に役に立ちましたか?

僕にとって一番大きかったのは「プランドハプンスタンス」という概念を得たことでした。実際にそういうスタンスで成功してきた先生というモデルがいたことも刺激的でした。先生との面談の場などでも、それ以外でも常に「会社に入った後」のこともかなり真剣に考えるようになりました。それまで「目標から逆算」という考えが強かったんですが、いい意味で「わからんもんはわからん」となれた(笑)これはすごく重要なことでした。

実際問題として、就活に具体的に何が役に立ったかと言うと、やっぱり先生との模擬面接は大きかったですね。自信にもつながりました。

明日最終面接、って状況で模擬面接をしてもらったんですが「昨日の模擬面接はリハーサルだったんじゃないか?」って思うくらい、ほとんどそのまんまっていうこともあって。どうして先生はこんなに面接内容を予測できるんだろう?って不思議に思った記憶があります(笑)

模擬面接をしていく中で、例えば「この会社は人で食ってるのか、仕組みで食ってるのか」「僕は仕組みで食ってる会社ならいきたくないんです」そういう整理ができたんですけど、自分の本気さを伝えられる質問を、素直に整理できた。こういう整理はなかなか一人で短時間でやるのは難しいんですよね。

あとは自己紹介とかで熱い心を持ってるのに、それが伝わりづらい、そういう課題が僕にはあったんですけど、そういうのを改善できたのもPJSの模擬面接でした。

あともちろん、本当に、PJSの仲間、メーリス。お互いに励まし合って、メーリスとかでも就活ミーティングとかでも、みんな頑張ってるな、ってのが分かるのが本当に大きかった。モチベーションを高める上で、欠かせない存在だったと思います。

PJSの上手な活用法はどのようなものでしょう?

上手い使い方は(笑)根本的な姿勢として「学びにいく」のではなく「使いに行く」べきかなと。

普通に就活スクールで、行って、聞いて終わりだと、ほとんど何も身に付かない。そうじゃなくて、PJSを、先生を使い倒してやる、PJSの同期を巻き込んでどんどんやってる、そういう使い方をしていくべきなんだと思います。

uetani003

就活成功のポイントや「やっておくべきこと」は?

成功のポイント・・・そうだなぁ。

論理的思考をちゃんと勉強して磨く。

GDに直結するとかあるけど、結局、なんだろう、どこに行きたいのか、何をしたいのかとか、それを考えるにしても、考える力がなければ深まらない。

だから思考力を高めていく。

模擬面接とかしてても、思考力が足りないなとかあるんですよね。そこを、就活生として「十分だよ」って人ってほとんどいないと思うので、そのベースを上げるのが一番大事。

コミュニケーション力とかってこともひっくるめて。相手の意図を理解するとか、自分の考えを分かりやすく説明するとか。

これから就活する後輩に向けてのアドバイスを。

とりあえず、一言でいうと頑張れと(笑)

頑張ると得るものがすごく大きい。スキル、出会い、色々と。頑張らなかったら、残るものは後悔だけ。

本当に「頑張る」ことは大事だし、頑張るだけの価値が眠っているのが就職活動というイベントだと思います。ぜひ後輩のみなさんにも素晴らしい就職活動にしていって欲しいですね。

OB/OG訪問に行けていない学生はこちら!