2012年卒 EMCジャパン入社 H.T.さん

2012年卒 EMCジャパン入社 H.T.さん

1.就職活動はあなたにとってどんなものでしたか?あなたに何をもたらした時間でしたか?まずは簡単に感想をどうぞ。

率直に言えることは、ありきたりな言葉ですが、自己成長と自分を見つめなおす良いきっかけでした。今まで何も考えてこなかった私にとって、考えなければならない時間をもたらし、人生で初めて悩みきった!っと言えるような経験ができました。

2.就職活動を始めた頃のことを思い出してみてください。どのような期待や不安があったでしょうか?当時はどのように就職活動をとらえていたでしょうか?

6月:インターンの申し込み
友達に誘われ、何社か申し込んだ時には、インターンに行ったほうが採用されやすいからという誘い文句にやられていたのが正直なところです。何にも考えていませんでした。

9、10月:PJS入会
入会するにあたって、私は就活をするのかどうかに悩みました。卒業後の選択肢として、実家に帰る、院に行く、専門学校に行く、就職がありました。決めてとなったのは、まだ実家に戻りたくないという思いでした。そこで、実家に戻る前にどうなっていたいのかと考えたところ、漠然と成長したいと思いました。しかし、成長という意味がよく理解することができず、何に対しての成長なのかと悩んでおりました。そんな時、PJSを見つけ、ここなら何かしら成長できる。周りの人が優秀だから自分が追い込めるのではないかと思い、自分の答え探しの為に入会したようなことを覚えています。これに加え、興味を持ったらやらなければ気がすまない性格も入会に後押ししたと思います。

3.最初の頃の志望業界・企業はどのようなところだったでしょうか?それはどのような理由からだったでしょうか?

金融業界 ゴールドマンサックス テクノロジー部門
インターンに参加したのがかなり大きかったです。私の中で初めての働く場としての会社を見て、何もかも新しく感じ毎日が楽しかったです。

業界としては、まずは中学時代から興味を持っていた金融(特に証券)を志望していました。複数気配を見ているときの高揚した気持ちが今でも忘れられなかったからだと思います。

4.就職活動を通して、志望業界・企業・職種にどのような変化があったでしょうか?その変化を生んだ要因にはどのようなものがあったでしょうか?

志望業界:IT、企業:EMCジャパン、職種:システムエンジニア(EMCだとカスタマーエンジニア)

業界をITに変えた大きな理由として、就職を始めてから多くの業界を見て回りました。そこで感じたのは、どの業界にも興味が持て、業界を絞ることができませんでした。それならば、業界に偏りなく他業界をお客様とする業界にしようと、ITになりました。

その他の変化はあまりなかったような気がします。インターンでなんとなくですが、私の企業選びの軸ができており、それに基づいていました。

5.就職活動を通して、自分自身にはどのような変化があったでしょうか?自分に影響を与えたものには、どのようなものがあったでしょうか?

行動として大きな変化となったのが、一日の密度を高める努力をし続けていたことです。実際に仕事をこなしているような感覚になり、毎日がとても楽しく、充実していました。新聞やビジネス書を読み始めたのも大きな変化でした。これにより、身近で起きていることに対して、疑問や意見を持つことができました。

これは、やはり先生をはじめとする、PJSの仲間の影響だと思います。とても感謝しております。ありがとうございます。

6.今振り返ってみて、ご自身の考える「就職活動の成功」とはどのようなものですか?

これは、正直なところわかりません。
ただ、私自身成功したなと思えるのは、内定を頂いた企業に納得しているからだと思います。納得した要素として、第一志望という理由に加え、
・調べきった感がある(EMCだけでなく他企業も)
・内定をもらった時期も早すぎず、遅すぎず、ちょうど良い:残りの大学生活も十分楽しみたかったので
・EMCに自分のことをよく知ってもらえたから
以上だと思います。

7.就職活動を成功させるうえで、どのようなことが大切だと思いますか?あれはもっとやっておけばよかった、あれはやらなければよかった、あれはやっておいて正解だったといったことはどのようなことですか?

やるべきとこ、一番は企業研究!!!

もっと業界を絞らずにOBOG訪問をして、実際に働いている人の声を聞きたかったです(これは就活に限らず)。

やらなければよかったことはありません。すべて今の自分に繋がっていると思います。そのためには、適度に気持ちの振り返りをすべきだと思います。先生が適度に振り返りの時間をMTGで設けていただいたので、その際に気持ちの振り返りができ、以前はこう考えていたのだなぁと感じることができました。

8.最終的にどこから内定を得て、どこに入社すると決意されましたか?その企業を選んだ理由はなんだったでしょうか?

EMCジャパン
・他社とは違って、カスタマーエンジニアという職で、初めからお客様先に出向きながら、技術的な知識を身につけることができる。
・ストレージに魅力を感じたから。
・自分を追い込める(=頑張れる)環境だから。
・新しい技術を次々に取り入れていく社風が、好奇心旺盛な自分に合っている。

9.あらためてご自身の就職活動を振り返って特に印象深かったことはどんなことですか?あなたにとって就職活動とはどんな経験でしたか?

二つあります。

・かけがえのない仲間との出会い
まさにこのままです。このような機会を頂き、本当にありがとうございます。

・自分を知る
“なんで頑張れたのか”など日々考えてこなかったことを考えるにあたって、より自分というものを理解する良い機会でした。

10.ご自身で伝えたいことがあれば何でもどうぞ。後輩たちへ向けて、アドバイスがあればそれもお願いします。

私は、今就活をして本当に良かったと心から言えます。これは、単に内定を頂いたからではありません。もし内定が一つもなく就活を終えていても、良かったなぁ、幸せだなぁと言えます。そのくらい、先生をはじめとする素敵な人々との出会いがあり、悩み続けられた時間もあり、いつでも私を励まし支えてくれる場所も見つけられました。感謝してもしきれませんが、ありがとうございました。

これからも末永く、よろしくお願いします。

11.PJSについてお聞かせください。あなたにとってPJSは一言で言うと、どういう存在だったでしょうか?

何もかもトータルでサポートしてくれる存在です。

12.PJSはあなたと、あなたの就職活動にとってどのような価値があったでしょうか?PJSの何が、どんな役に立ったでしょうか?

仲間が、励ましてくれる、一緒に悩んでくれる、一緒に上を目指してくれる、一緒にストレスを発散してくれる・・・一緒に頑張ってきたからこその仲間がとても大きかったです。

上手く説明できなくてすみません。。

13.PJSの限界や、不足している部分はどのようなものですか?何かそれを補う手立てがあれば、それも教えていただけますでしょうか。

先生が一人なこと。

私は信國さんや堀内さん等にお会いさせて頂き、自分の将来のキャリアについても考えさせられました。MTGに先生のお知り合いの方をお呼びしてお話を伺うのも面白かったかなぁと思います。

14.PJSはこんな人が活用するとよい、といったイメージが何かありますか?こういう人は向かないということや、PJSを上手く活用する方法などもあれば教えてください。

将来の為の人脈を今から作りたい人!

Give&Take のバランスが取れない人は向いていないのかもしれません。全力でTakeしてもらったら、全力でGiveする精神を持っていた方が、お互いがメリットを最大限に得られると思います。

メッセージがあればお願いいたします。

前の方にも何回か書いてしまいましたが、本当に心から感謝の言葉を述べたいです。お役にたてるような人材ではありませんが、このご恩は少しずつ返していきたいと考えております。それに加え、今後とも相談にのっていただきたいです。

またお時間があれば、ゆっくりお話したいと思います。よろしくお願い致します。ありがとうございました。

AD