同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト

2010年卒 三井物産入社 Oさん

2010年卒 三井物産入社 Oさん

1.就職活動はあなたにとってどんなものでしたか?あなたに何をもたらした時間でしたか?まずは簡単に感想をどうぞ。

自分と向き合う時間でした。今までいろんな活動はしてきたもののそれを振り返って将来何をやりたいのかということを考えることは少なかったです。それが出来ただけで貴重な時間でした。さらにどの企業も「社会人ってすげー」と思えたのもいい刺激になりました。早く追い越したいと思える凄い先輩方に会えて楽しかったです。

2.就職活動を始めた頃のことを思い出してみてください。どのような期待や不安があったでしょうか?当時はどのように就職活動をとらえていたでしょうか?

内定をもらうことに不安はなかった。でも希望の所にもらうには能力が不足してるんじゃないか?と思ってました。就職活動は苦しい大変なものだと思ってましたね。

3.最初の頃の志望業界・企業はどのようなところだったでしょうか?それはどのような理由からだったでしょうか?

最初はコンサル・投資銀行・商社。とりあえず凄い人が多そうだったから。

4.就職活動を通して、志望業界・企業・職種にどのような変化があったでしょうか?その変化を生んだ要因にはどのようなものがあったでしょうか?

上記の3つの順位がどんどん入れ替わった。夏のインターンで投資銀行が最下位に落ち、コンサルが一番になった。それは投資銀行に金目的の社員が多かったことが大きい。コンサルはそうではなくかつ圧倒的な頭のいい社員が多かった。商社はまだイメージなし。

コンサルの内定もらい内定者・若手と話しているウチにプライドが高すぎる人が多すぎることに気づく。(一緒に飲んで楽しい人は少なかった)そして自分の強みはどちらかというとヒューマンスキルの方でそれが活かせるのは商社だと感じる。OB訪問を通じ頭・人間両面で優秀な人が多く、「この人となら飲みに行きたいな~」と思える人も多く、商社志望に。

5.就職活動を通して、自分自身にはどのような変化があったでしょうか?自分に影響を与えたものには、どのようなものがあったでしょうか?

自分に自信が全くない人間なので社会からある程度評価されてるんだという安心感と、学生でもすげー奴は多いな~という実感が得られました。やっぱりインターンで会った仲間が一番影響を与えてくれました。

6.今振り返ってみて、ご自身の考える「就職活動の成功」とはどのようなものですか?

本心からやりたいことを見つける(働きたい環境でもいい)→そこに受かる

7.就職活動を成功させるうえで、どのようなことが大切だと思いますか?あれはもっとやっておけばよかった、あれはやらなければよかった、あれはやっておいて正解だったといったことはどのようなことですか?

なんだかんだで日々の活動を充実させること。色んな企業でインターンしてたのは年寄りと話すのに慣れたというだけでなくその経験自体も評価された。

もっとやっておけば良かったのは英語はあると楽ですね。イチイチ「英語出来る」と聞かれて答えるのがめんどくさい。やらなければよかったことは全くない。

8.最終的にどこから内定を得て、どこに入社すると決意されましたか?その企業を選んだ理由はなんだったでしょうか?

内定が出たのは、三井物産・伊藤忠商事・NRIコンサル・アクセンチュア戦略・みずほ証券IB・JAFCO。

最終的には、三井物産に入社を決意。

商社である理由は上述。その中でなぜ物産かは商社の中で唯一複数部署を経験させる制度が整っていること

9.あらためてご自身の就職活動を振り返って特に印象深かったことはどんなことですか?あなたにとって就職活動とはどんな経験でしたか?

DIの夏のインターンでコイツはかなわね~という人間がいたことです。

僕にとって就職活動は何度も言うように自分と向き合う時間でした。あとはたくさん知り合いが出来たのも楽しかったですね。今も30人近く飲み友達です。一緒に旅行行ったりもしてますね。笑

10.ご自身で伝えたいことがあれば何でもどうぞ。後輩たちへ向けて、アドバイスがあればそれもお願いします。

早く動き出して焦らずじっくり就活しましょう。後は気持ちの浮き沈みも激しいので飲み友達はたくさんキープしておきましょう。

結局、就活は自分の中で考える力+行動力の二つで決まると思います。

思考力あって行動力あればそりゃ企業は欲しいですよね。笑

11.PJSについてお聞かせください。あなたにとってPJSは一言で言うと、どういう存在だったでしょうか?

自分の穴を無くす場とモチベーション維持の場

12.PJSはあなたと、あなたの就職活動にとってどのような価値があったでしょうか?PJSの何が、どんな役に立ったでしょうか?

就活に必要なものを網羅的に学習出来たので自分が弱い部分をしっかりと認識出来た。さらに単なる就活対策だけでなく漠然としたテーマを考える癖が出来たのは実は最終面接とかで役に立った。あとは人が一杯いるし、キャリアに詳しい先生もいるし行ったらモチベーションが上がります。

13.PJSの限界や、不足している部分はどのようなものですか?何かそれを補う手立てがあれば、それも教えていただけますでしょうか。

GD・ケースはついていけば十分。

コンサルで言えばジョブ対策はまだ足りない。ジョブまで行くのは必死についていけば大丈夫。商社に関してはやっぱり観点が違うので面接対策も少し弱いかなと思います。金融はIBDに関してはコンサルと似たような感じなのでジョブ対策だけですね。

メーカーはちょっと不明です。結構受け身もいたと思うのでその辺はあえて先生が厳しく現実を突き付ける部分も必要だったかなと思います。

14.PJSはこんな人が活用するとよい、といったイメージが何かありますか?こういう人は向かないということや、PJSを上手く活用する方法などもあれば教えてください。

今の状態では受け身な人は若干厳しいかも。徹底的に教えるというよりも気付かせるスタイルなので。PJSを上手く活用する方法は毎回自分のテーマを持って取り組むこと。MTGはミスしてもいいから実験だと思ってPDCA回してください。

OB/OG訪問に行けていない学生はこちら!