III.総合商社の仕事内容

この章では、商社マンが日常的に行っている仕事とそのやりがいについて述べる。

商社は「華やか」「グローバル」というイメージが強いが、地味で泥臭い仕事も多い。しかし、その中でもやりがいは確かに存在するはずだ。商社のリアルなイメージをこの章で付けていただきたい。

i) 商社マン(コーポレート)の一日

「商社の事業内容も知りたいけれど、実際に働いている人がどのような働きをしているのか気になる」という要望が多いかと考え、某総合商社に勤めている先輩に協力していただき、「商社マンの一日」をまとめた。自分が商社に勤めたらこんな感じの一日になるのだな、というところを想像していただければありがたい。

6:00 起床・身支度。今日もがんばろう。
7:00 会社に行く。満員電車はつらいけど乗り換えがないからまぁ楽かな。
8:00 メールチェック。今日もメールがたくさん。
9:00 営業の人が相談に来る。しっかりと話を聞き、解決策を提示する。
10:00 上司や同僚たちとミーティング。
11:00 ミーティング。
12:00 同僚とランチ。
13:00 ミーティングの結果をメモで報告。しっかり書かないと怒られる。
14:00 たまってるタスクをこなそうと思ったら税務室から電話があり、呼び出される。
15:00 税務室から調査依頼がある。さっそく取り掛かる。
16:00 調査を続ける。
17:00 続ける。終わった!
18:00 こなせなかった様々なタスクをこなしていく。
19:00 取引先へロングメールを打つ。
20:00 今日締め切りのタスクがないかどうか確認。
21:00 部長から声をかけられ、飲みに付き合わされる。
22:00~ さて、今日はいつ帰れるんだろう。明日に響くから早めに帰らせてほしいなぁ・・・。

ii) やりがい

商社に関わらず会社説明会やリクルーターとの会話の中など、就職活動をしていると一番出てくる言葉である。「やりがい」はなかなか明確に説明することが難しいが、働く上で非常に大事なことだ。実際に働いてみての本音のやりがいを以下に記す。

成長できる実感

どんな仕事でも、将来の自分の糧になっていると実感できる。辛くて涙をこぼす時もあるが、成長している実感があるので、日々頑張ることができる。

自分の責任を全うしたと感じる時

営業の人に頼られ、しっかりとアドバイスができて上司に認められると、非常にうれしい。自分が会社の役に立っている、ひいては日本のためになっているという実感は商社ならではの魅力。

21日の給与明細や6月のボーナス

とはいえ、給料も重要。残業が多い月や、ボーナスが出るときの給与明細を見ると自然と顔もほころぶ。
まとめると、

・市場価値を高められる
・自分の存在価値を確認できる
・高い給料

というところが総合商社のやりがいであろう。これらのキーワードに魅力を感じるならば、総合商社は合っているのかもしれない。

NEXT>> IV.商社・部門ごとの違い

セミナー日程

就活無料相談会×PJS説明会

2018年3月卒業見込みの方を対象としております。「就活には絶対後悔を残したくない!」「気軽に就活のお悩み相談をしてみたい!」と思う方はお気軽にご参加くださいませ。

■ Schedule -無料相談会日程- 

8月26日(金)15:00 ― 16:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

8月26日(金)17:00 ― 18:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

8月27日(土)11:00 ― 12:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

8月27日(土)13:00 ― 14:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

8月29日(月)15:00 ― 16:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

8月29日(月)17:00 ― 18:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

9月3日(土)11:00 ― 12:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

9月3日(土)13:00 ― 14:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

LINEで無料就活相談を受付中!

スポンサードリンク

毎年7,000人以上の学生がダウンロードする「就活の極意」

就活の極意 無料小冊子