自己分析とのマッチング

[knowhow] [base]

さてあなたが自己分析をした結果が仮に以下のようだったとする。

【能力】
コミュニケーション
アレンジ
ポジティブ
活発性
社交性

【居心地のいい状況】
仲間とワイワイがやがや
切磋琢磨、向上心強い仲間
若くから裁量のある環境

また企業研究の結果が以下のようだったとする。

【A社】
▼慎重な人がよい
▼地道に努力できる人
▼素直で明るい人
★リサーチ業務が多く、PCや書籍と格闘する時間が長い
★離職率は低く安定志向の社員が多い
【B社】
▼積極的な人が良い
▼リスクを負って、チャレンジできる若者
▼素直で明るい人
★社内外問わず考える、人と話すのが仕事
★若いうちから仕事を任されるが、辛くて辞める社員も多い
【C社】
▼サービス精神旺盛な人が良い
▼素直で明るい人
▼商品に対する強い思い入れ
★成熟産業が故に逆に創造性が新入社員には欲しい
★同僚はライバルというよりは仲間

面接対策的にはそれぞの企業の特徴ごとに演じ分けるべきで、その方が内定には近づるだろう。しかし、3社とも内定を出してくれたとしたら、このデータを良く見ないといけない。このケースであればB社がHappyに働けそうである。

▼積極的な人が良い
⇒ポジティブ、活発性

▼リスクを負って、チャレンジできる若者
⇒切磋琢磨、向上心強い仲間

▼素直で明るい人
⇒ポジティブ

★社内外問わず考える、人と話すのが仕事
⇒社交性、仲間とワイワイがやがや、コミュニzケーション

★若いうちから仕事を任されるが、辛くて辞める社員も多い
⇒若くから裁量のある環境

見事にマッチしている。これなら入ってからも幸せに働けそうな気がする。上記はあくまでイメージであるが、このような「自分とのマッチング」をするために企業研究は非常に大切なものだ。ところが現実的には「そんなに企業研究してる時間ないよ」という人が本当に多いのが実態だ。

就職は一生の一大事ではあるので、そこは時間をつくって頑張って欲しいと言いたいところだが、一つ逃げ道はある。それはどこの面接でも素の自分をアピールするということだ。内定を獲得する為には非効率かもしれないが、自分と合わないところは企業の方から断ってきてくれるのでら、入ってから居心地の悪いところには入らないですむだろう。とは言え「誰でも欲しい」なって節操のない企業もあるので、最後は、ちゃんと企業を良く見て欲しいとは思う。

どうしてうちを志望しているの?

もう一つ、企業研究の効果としては「どうしてうちを志望しているの?」ということにしっかり答えられるということだ。採用担当者からすればこの質問にしっかり答えてもらえることはとても大切だ。内定を出しても逃げられないか、入ってからも本当に活躍してもらえそうか、長いこと働いてもらえそうか、そういうことを判断するのに「どうしてうちを志望しているの?」という質問は非常に効果的だからだ。

NEXT>> 5.企業研究を深めるために

[base] [repo]

AD