意外と知らない面接時の服装ルール

基本編TOP
就職活動の基礎これまでの考え方の限界キャリア開拓を実践する内定の極意

自己分析の極意自己分析が必要な理由自己分析の前提弱みへの対処方法自己分析の落とし穴自己分析で導き出すもの / 具体的方法1:モチベーション理論具体的方法2:キャリパー社のモチベーション分類具体的方法3:Strength Finder具体的方法4:エニアグラム具体的方法5:R-CAP具体的方法6:コミュニケーションタイプ具体的方法7:過去を洗い出す結果の活用方法1:分析結果の統合結果の活用方法2:企業研究とのマッチングスキルについては相対化して捉えるbr>
エントリーシートの極意エントリーシートはどう書くべきか具体的攻略法エントリーシート対策参考情報

グループディスカッションの極意
面接の極意実際の面接でどうするべきか意外と知らない面接時の服装ルール就職面接質問集

業界・企業研究の極意業界/企業研究の視点企業研究をして求める人材像を把握する自己分析とのマッチング企業研究を深めるために

理系学生の就職ノウハウ

意外と質問が多いのが「どんな服装で面接に行くべきですか?」という質問だ。これについて考えてみよう

どんな服装をすべきなのか?

面接にどんな格好をしていけばいいか、スーツを着慣れていない学生にとっては結構な悩みだったりする。一つ言えることは、ほとんどの業界・企業で学生が気にしているほど、スーツの着こなしについて気にしているところはない、ということだ。紺のスーツでなければ採用しないところも、白シャツでなければ採用しないところも非常に少ないだろう。実際に働いている人で、紺のスーツしか持っていない、白のシャツしかもっていないという人はほとんどいないのであるし。

確かに業界や企業によって多少特色はあり、日系の金融などはやはり、紺や濃いグレーのスーツに白いシャツの方が無難(プラスに評価はされなくても、マイナスにはならない)だと考えられるし、逆に筆者がいたような外資系コンサルティングファームなどは、スリーピースのスーツで、カラーシャツでもあまり問題ない。着たいものを着てよい。

自分が着るものにこだわりがなければ、紺のスーツに白のシャツ、というのは無難だろうが、常識の範囲内でファッションを楽しむ分には、まず問題ないだろう。個人的には好きな服を着て就職活動をして欲しいと考えている。いかにもリクルートスーツ、というものを身にまとっていると気持ちが萎える人もいると思う(私がそうだったのだが・・・)。やはり好きな服を着たほうが元気が出る。元気を出して面接に臨んで欲しい。

NEXT>> 4.面接質問集

基本編TOP
就職活動の基礎これまでの考え方の限界キャリア開拓を実践する内定の極意

自己分析の極意自己分析が必要な理由自己分析の前提弱みへの対処方法自己分析の落とし穴自己分析で導き出すもの / 具体的方法1:モチベーション理論具体的方法2:キャリパー社のモチベーション分類具体的方法3:Strength Finder具体的方法4:エニアグラム具体的方法5:R-CAP具体的方法6:コミュニケーションタイプ具体的方法7:過去を洗い出す結果の活用方法1:分析結果の統合結果の活用方法2:企業研究とのマッチングスキルについては相対化して捉えるbr>
エントリーシートの極意エントリーシートはどう書くべきか具体的攻略法エントリーシート対策参考情報

グループディスカッションの極意
面接の極意実際の面接でどうするべきか意外と知らない面接時の服装ルール就職面接質問集

業界・企業研究の極意業界/企業研究の視点企業研究をして求める人材像を把握する自己分析とのマッチング企業研究を深めるために

理系学生の就職ノウハウ

【LINE限定】最新の就活情報を配信中!

友だち追加