グループディスカッションの極意

基本編TOP
就職活動の基礎これまでの考え方の限界キャリア開拓を実践する内定の極意

自己分析の極意自己分析が必要な理由自己分析の前提弱みへの対処方法自己分析の落とし穴自己分析で導き出すもの / 具体的方法1:モチベーション理論具体的方法2:キャリパー社のモチベーション分類具体的方法3:Strength Finder具体的方法4:エニアグラム具体的方法5:R-CAP具体的方法6:コミュニケーションタイプ具体的方法7:過去を洗い出す結果の活用方法1:分析結果の統合結果の活用方法2:企業研究とのマッチングスキルについては相対化して捉えるbr>
エントリーシートの極意エントリーシートはどう書くべきか具体的攻略法エントリーシート対策参考情報

グループディスカッションの極意
面接の極意実際の面接でどうするべきか意外と知らない面接時の服装ルール就職面接質問集

業界・企業研究の極意業界/企業研究の視点企業研究をして求める人材像を把握する自己分析とのマッチング企業研究を深めるために

理系学生の就職ノウハウ

グループディスカッションで何を見ているか、何故グループディスカッションを実施するのか、その対策は?

まず一番気になるグループディスカッションの評価ポイントとは? を考察する。

グループディスカッションの2大要素は「対人能力」と「個人能力」だ!

gd01

グループディスカッション(グループディスカッション)は比較的最近になって採用過程に登場した手法だ。では何故新たに登場してきたのだろうか?それは、従来の筆記試験、個人面接、集団面接では把握できない面をグループディスカッションで把握する事を企業側が期待しているからに他ならない。その主なポイントは「協調性」「リーダーシップ」「傾聴力」と言った対人能力にあるといっていい。

つまり、個人単体ではなく、他の人間と関わった時にどういう態度であるか、これを見るためにグループディスカッションは存在する。もちろん対人能力だけでなく、論理性、知識といった個人の資質も測る機会ではあるので、これらも当然評価軸として存在すると考えるべきだ。対人能力と個人能力、どちらを重視して選考するかは各企業の採用哲学に依存していると考えていい。

「対人能力」とは“チームの生産性を最大化する”能力だ!

対人能力とは、1+1を×3=6にも×4=8にもできる力のことだ。掛け算の力、と表現してもいい。自分のアイディアをごり押しして、正解を出してもしょうがない(そもそもビジネスには”正解”はない)。折角5人いるのに、我の強い人間1人で全てが進んではしょうがない。具体的に言うと

  • 人の意見を聞くことができる
  • 人の意見を頭ごなしに否定しない
  • 人格を否定するような発言はしない(「馬鹿か」や「それは意味ないよ」など)
  • あまり話をしていない人に発言の機会をさりげなく与える事ができる
  • ユーモアを交える事ができる
  • 煮詰まった時に方向性を示せる(リーダーシップと呼んでもいいかもしれない)
  • 敬語をある程度使える

といったところだ。これは具体的がゆえに網羅性はないが、雰囲気は掴んでいただけると思う。グループディスカッションでは、上手くいった回の参加者は多く選考を通過し、失敗すると全員不合格といったことが起こりえる。つまり、周りは選考のライバル、敵ではなく、協力者という認識が必要だ。

人間関係構築能力のベースにあるものは「一人でやるよりもみんなが頑張ればよりよいものになる」と信じることだ。その信念を具体化する際に上記のような「聞くスキル」「認めるスキル」「笑わせるスキル」「与えるスキル」が必要になってくるのだ。

個人的な体験からすると、筆者は就職試験時に発言する機会を仲間に与え=与えるスキル、その発言内容をよく聞き理解し=聞くスキル、またその発言内容の素晴らしい点に気づき、誉め=認めるスキル、時に冗談を交えながらディスカッションを進め=笑わせるスキル、そして自らも積極的に意見する(後述する個人能力)ことでグループディスカッションを突破してきた。これらのスキルについてはコーチングについて学ぶと得るところが多い。ぜひ機会を作って勉強していただきたい。

コーチング全般に関しては「コーチングバイブル」、中でもほめるスキルについては「「ほめる」技術」などを一読されることをお勧めする。

「個人能力」とは“知識×論理性≒知恵”を指す!

gd02
対人能力が「チームへの掛け算」だとすれば「個人能力」は「チームへの足し算」になる。少人数で働く仕事ほどこれが重要になってくる。例えばサッカー選手よりはゴルファーのほうが個人能力を求められる。ビジネスの世界に於いては、論理性が高いか、経済・経営に関する知識があるか、アイディアを生み出せるか、などを個人単体の資質として捉えることが出来る。

  • 問題を構造化できているか
  • 対立する意見の本質的な問題を発見できるか
  • 経済・経営の常識は知っているか
  • 素晴らしいアイディアを生み出せるか

といったところだ。これらは対人関係の中で築かれるものではなく、個人的な努力(読書、資格の勉強、新聞や経済誌を読む、アイディアを常にメモする、問題意識を持つ、ケーススタディの練習をするetc.)の中で築かれるものだ。個人能力の鍛え方については詳しく後述するが、グループディスカッションではこれらを見られているのだ、というところをまず認識しよう。

実際にグループディスカッションでどう行動するべきか?

グループディスカッションで何を見られているかは考察した。では実際にグループディスカッション本番では具体的にどのような行動をとるべきなのか?

人間関係構築能力

では実際にグループディスカッションをやるときにどうするべきか。具体的な方法を列挙していく。

(1)面接官が入ってくる前に、参加者同士で軽く会話をすべし。

確実に場の雰囲気はよくなる。グループディスカッション前に緊張をある程度緩和できれば、“仲間”である参加者、そして自分は最初の関門である”緊張“と戦う負担が軽減される。なによりここでユーモアを提示できれば自然と「あの人は配慮のある人だ」と仲間に認識してもらえ、俄然そのあとの本番での議論の流暢さ、自分の発言力の大きさが増す。

(2)敬語を使うべし

意識しすぎる必要はないが、敬語の“丁寧さ”は相手に安心感を与える。敬意を払われていると感じてもらうことが出来る。ただ、使い慣れない敬語を過剰に使用すると“緊張感”というマイナス要素を場に与えてしまうので注意。

(3)発言回数が少ない人に発言機会を与えるべし

グループディスカッションの際、必ずと言っていいほど一人は殆ど発言しない人がいる。その人の名前を呼び「○○さんは、これについてどう思いますか?」と声をかけることができれば、“配慮する力がある”“人の発言を引き出せる”といった感じに受け取ってもらえる場合が多い。

(4)自分ひとりがしゃべっている時間が長くなり過ぎないようにすべし

グループディスカッションでは先に述べたように「個人能力」だけでなく「対人能力」も見られている。自分の「個人能力」を披露しようと努力しすぎて「対人能力」でマイナス点をつけられてもしょうがない。「個人能力」は個人面接や筆記試験、エントリーシートで遺憾なく発揮するよう心がけよう。

(5)反対意見を言う場合は冷静になるべし

反対意見への対処方法で「対人能力」が大きく評価される。自分と違う意見の人を“障害”と思っているか“機会”と思っているか。反対意見が出たらまず一言「なるほど」と言ってみよう。それを引き金に冷静になれることが多い。時間の制約はあるが、「意見の違いを探る」「多数決をとる」「論理的に却下する」など複数の引き出しを持って対処したい。決して「そんなわけない」「それは意味がない」などの一言で片付けないように。

(6)時には強引に議論の流れを戻すべし

おそらくこれが一番難しく、これができれば非常に評価が高い。そしてこれは対人能力だけでなく、個人能力の高さも求められる。つまり自分が「引っ張る」ことへ自信を持てないとできないからだ。しかし必ずと言っていいほどグループディスカッションは“混迷”する時間がある。そこで「よし、多数決をとろう」や「○○さんの意見は議題に関係ないから、そこで止めましょう」や「Aという意見が正しいという前提でこの後の議論を進めましょう」といって発言をしっかりできると、素晴らしい。「リーダーシップがある」「配慮だけでなく、チームで結果を出す力もある」と見てもらえるだろう。

(7)人の意見を集約すべし

ポイントポイントで「Aさんはこう、Bさんはこう言っている、だからCってことですよね」と気の利いたまとめをできるようになると、試験管からは「他の人の話をよく聞いて理解しているな」と思われるし、仲間からは「この人は私の話をちゃんと聞いてくれている。仲間だ」と思ってもらえる。場の雰囲気も向上するし、議論も落ち着く。

個人能力

(1)論理的であるべし

論理的であることを表現するのは簡単なことではないが、いくつか技は実在する。「解決策を提示する前に原因を提示する」「事象に対するヌケモレ重複を確認する」「チャートを使いこなす」など。ある程度練習しておけば、練習をしていない人間よりも確実に「論理的に見せる」ことが出来る。論理的に見せることができるということは思考もある程度論理的になっているというように解釈して問題ないと思う。

例えば「お店の売り上げを伸ばそう」という場合にいきなり「ではチラシを配りましょう」と言うよりも「このお店は集客に問題があるので(原因の提示)、チラシを配ることで解決しましょう」とした方が良く、「集客方法はチラシだけでなく、新聞、TV、雑誌、口コミ、インターネット等の方法が検討する価値がある(事象に対するヌケモレ重複を確認する)」と発言すべきなのだ。

(2)アイディアマンであるべし

アイディアマンであることと論理的であることは別次元といってもいい。論理がアイディアを支えることはあるが、論理がなくとも(もしくはそれを説明する能力がなくとも)素晴らしいアイディアを提示することはできる。「論理性で勝負するのは難しいな」と感じている方は是非アイディアで勝負して頂きたい。アイディアの質で勝負するにはそれなりの訓練が必要だが、アイディアの量で勝負するのは割りと短期間の訓練で出来るようになる(訓練方法は後述)。

グループディスカッションその他の技

gd04

最初に時間配分を決めるべし

例えばグループディスカッションで1時間与えられた時、各自ブレスト10分、原因追求20分、解決策策定20分、プレゼン用まとめ10分(決してこれが正解ではないのでご注意を)といった形で目標時間を提示する。これにより個人能力の論理性や対人能力のリーダーシップを示すことができる。何より議論の骨子ができるため、この後議論を進めやすくなる。

書記とタイムキーパーは決めるべし

時間を決めたら書記とタイムキーパーは必ず決めたい。書記はホワイトボードやなければ紙にみんなの意見を書き残す人、タイムキーパーは「ブレスト10分終わりました、原因追求の20分に入りましょう」と皆に促す人。この2つの役割がしっかりしているグループディスカッション全体の質が向上し、“仲間”の合格率は向上しやすい。

大きな紙を必ず用意すべし。紙は最強のアイテムと知るべし

ホワイトボードがある場合も多いと思うが、試験場にない場合もある。紙の持ち込みを禁止している採用試験はまずないと思われるので必ず大き目の紙を持参しよう。みんなの意見を大きな紙に書いていくと議論の流れを確認しやすい。また自説を展開する際も、声だけで伝えるよりも図表等があった方が確実に伝えやすい。

タイムキーバーは買って出るべし

多少セコい手かもしれないが、一番難易度が低くかつグループディスカッションへの貢献度を“表現できる”のがタイムキーパーだ。「あと5分で終了です」と言った一言を言うだけなのだが「冷静だ」「みんなに時間を促している」と対人能力も個人能力もアピールすることが出来る。実は実際の仕事をする上では非常に重要な点で、会議を時間通りに終わらせるにはタイムキーパーがいた方が確率が圧倒的に高い。

書記はリスキーと知るべし

書記は、上手くいけば自分に主導権を持たせたまま、グループディスカッションを終えることができる。が、殆どの場合「書くことに夢中で自分の意見を殆ど言うことが出来なかった」となりがちだ。「書こう」と思うと「聞く」必要があり、「聞いて書く」だけで大変な作業なのだ。その大変さの割りに面接官に非常にアピールしづらい。ノートの取り方に圧倒的な自信があれば大いに買って出て頂きたいところなのだが・・・。

何で貢献するか考えておくべし

アイディア?整理?プレゼン?雰囲気作り?多くの人はこれらを考えずにグループディスカッションに望む。自分の強みを把握し2~3の「貢献するポイント」を用意しておこう。もし自分がアイディアで貢献しようと思っていても自分よりも優れたアイディアマンがいたり、全員がアイディアマン系だったりすることがある。そういったときの為に「その場合はこっちで貢献しよう」という準備をしておくべきだ。

グループディスカッションの事前準備は何ができるか

何が評価されるのか、その為に当日どうするべきかも分かった。しかしぶっつけ本番ではやはりグループディスカッションを突破することは難しい。一度グループディスカッションを体験したことのある人ならば「実際にグループディスカッションでどう行動するべきか」の章もよく理解していただけると思う。まずは一度やってみる、これが一番の準備になる。<

勉強会に参加しよう

・ 筆者は直接会う機会に恵まれた学生さんには「勉強会に20回参加してみよう。そうしたらまず間違いなく内定もらえるから」と言っている。はっきり言って20回も勉強会に参加する人はまずいない。つまりそこまで就職活動を一生懸命やっているライバルはいないわけだ。20回やれば量が質を凌駕する。

・ 勉強会って何?って人も多いと思うが勉強会とは「模擬面接」や「模擬グループディスカッション」等を軸とした就職活動における面接やGDなどの選考プロセスをシミュレーションし、実際の選考プロセスに先立つ経験やノウハウを得るための機会と言える。PJSでも実施しているし、WEB上にも多くの勉強会情報が流れている。

・ 勉強会もいくつか分類が可能であり、「学生だけでやる」「内定者が参加する」「社会人が参加する」「専門家が参加する」といった分け方が可能である。やらないよりは「学生だけでやる」方が絶対に内定に近づく。「学生だけでやる」よりは「社会人が参加する」や「専門家(人事部など)が参加する」方がよりその確率は高まる。また学生数に対して社会人や専門家の人数の割合も勉強会の質の一つの指標となる。当然学生一人に対して社会人や専門家の人数が多いほど質は高くなる傾向にある。

・ 実際にやってみる、というのが一番の練習だ。「インプット」と「アウトプット」があるわけで、いくらインプット(本を読む、など)してもアウトプットがダメだとダメなのだ。インプットが100でもアウトプットが5なら100×5%=5にしかならない。逆にインプットが20しかなくても、それを100%伝えられれば20×100%=20となるのだ。
・ 勉強会では「対人能力」も「個人能力」も向上させることが出来る。とにかくアウトプットの練習の機会は少ないから、是非積極的に利用して欲しい。

・ また勉強会に参加する副産物として「就活生同士のつながり」を得ることが出来る。この副産物だけのために勉強会に参加しても意味があるほどだ。

gd06

本を読もう

・ このページの一番最後にも参考図書等を記述しておくが、それらに限らず新聞、雑誌、本などはいっぱい読んだ方がいい。知識は多いに越したことはない。

・ 確かに情報だけもっていても使えなければ意味がない。しかし、使おうと思っても引き出しが空っぽではやはり何も出来ないのだ。とにかく知識を多く吸収することをお勧めする。

・ 知識を増やせば「個人能力」を向上させることが出来る。また本等の種類によっては「対人能力」も向上させることが出来る。

ケーススタディの練習をしよう

グループディスカッションでは「課題」を提示され「解決する」というパターンが一番多い。(純粋に「○○について語り合ってください」というパターンもあるが)

・ これに対する「個人能力」を高めるにはケーススタディの練習が一番だ。PJSが発行しているメルマガ「コンサルティング業界戦略的就職術」にも多くのケーススタディが、読者の回答、添削、模範解答等と共に数多く掲載されている。

・ 当然これら以外にも「自分でお題を考えてみる」「電車の中吊り広告に「何故?」を3回唱える」などの方法もある。是非試して頂きたい。

友人や家族と誠実に付き合おう

「対人能力」を高めるのに筆者が一番重要と思っているのが普段の生活である。これらに関して興味が深い人は「7つの習慣」や「愛と心理療法」等の文献に当たって欲しいと思うが、ここでは筆者なりの考えを簡単に説明させていただく。

・ グループディスカッションの場における“スキル”は確実に存在するが、「対人能力」は一朝一夕で培われるものではない。入社してから必要となるから企業はみなさんの「対人能力」をグループディスカッションで見定めようとしている。そこをグループディスカッション用のスキルだけで突破しても本当の「対人能力」が身についていなければ、その後ビジネスの世界で活躍することはおぼつかない(対人能力が相対的に劣っていても職人として素晴らしい業績を残す方がいることもあることは断っておく)。

・ 普段の生活の中で友人、家族、恋人などとどういった態度で接しているか、コミュニケーションをとっているか、これが何よりも大事なのだ。宗教めくし、長くなるし、「就職活動」というポイントから多少ボヤける話なので、ここではこれ以上語らない。筆者が「7つの習慣」等を勧める理由に興味を持っていただければ、それで幸いである。

グループディスカッションに役立つ参考知識

参考知識

ブレーンストーミング

ブレーンストーミングとは「自分で考える」ことをカッコつけて表現したものだ。ただし、ただ自分で考えればいいのではなく、「制限を設けない」というのがポイントになる。アイディアの量で勝負、ということを先に記述したが、ブレストはこの訓練にうってつけだ。例えば「黄色いもの」というテーマで1分に30個以上紙に言葉を書く。テーマは何でもいい。「笑い」などであっても何でもいい。この際、例えば黄色いものとした時に、みかんとオレンジ、オレンジジュースといった(同じかな?)と思うようなものを“制限しない”。全て書く。ネクタイ、月、声といった(違うかな?関係ないかな?)と思うようなものも“制限しない”まずは1分間で30個以上書けるように是非チャレンジして欲しい。

ディベート

ディベートとは議論の形態の一つで、一つの意見「○○すべし」というものに対し肯定側と否定側をはっきりと分けて議論するものである。詳しくは参考図書等に譲るが、ディベートなどの「議論の形態」が複数ある、ということを認識しているだけで、グループディスカッションで出来ることが大幅に増えるので、覚えておいて頂きたい。

ディスカッション

ディスカッションはディベートと違い「○○について」といったTopicの提示の仕方をし、各々の立場を明確にする必要なく進める議論の形態である。自由度が高い分、参加者のインテリジェンスが高ければ深い議論が可能となるが、「朝まで生テレビ」で出てくるような喧嘩に近いような低俗な議論に終始する可能性も高い。

ファシリテート

議論を円滑にする、といった意味の概念。「出来のいい司会」と考えて頂ければよい。議論を円滑に進めることを役割とした司会者のことを、ファシリテータと呼んだりする。

NEXT>> 面接の極意

基本編TOP
就職活動の基礎これまでの考え方の限界キャリア開拓を実践する内定の極意

自己分析の極意自己分析が必要な理由自己分析の前提弱みへの対処方法自己分析の落とし穴自己分析で導き出すもの / 具体的方法1:モチベーション理論具体的方法2:キャリパー社のモチベーション分類具体的方法3:Strength Finder具体的方法4:エニアグラム具体的方法5:R-CAP具体的方法6:コミュニケーションタイプ具体的方法7:過去を洗い出す結果の活用方法1:分析結果の統合結果の活用方法2:企業研究とのマッチングスキルについては相対化して捉えるbr>
エントリーシートの極意エントリーシートはどう書くべきか具体的攻略法エントリーシート対策参考情報

グループディスカッションの極意
面接の極意実際の面接でどうするべきか意外と知らない面接時の服装ルール就職面接質問集

業界・企業研究の極意業界/企業研究の視点企業研究をして求める人材像を把握する自己分析とのマッチング企業研究を深めるために

理系学生の就職ノウハウ

セミナー日程

就活無料相談会×PJS説明会

2018年3月卒業見込みの方を対象としております。「就活には絶対後悔を残したくない!」「気軽に就活のお悩み相談をしてみたい!」と思う方はお気軽にご参加くださいませ。

■ Schedule -無料相談会日程- 

11月28日(月)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

11月30日(水)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

12月5日(月)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

12月7日(水)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

12月9日(金)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

12月13日(火)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

12月15日(木)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

12月19日(月)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

12月21日(水)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

12月27日(火)18:00 ― 19:30
東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO 505号室(地図

LINEで無料就活相談を受付中!

スポンサードリンク

毎年7,000人以上の学生がダウンロードする「就活の極意」

就活の極意 無料小冊子