自己分析の方法:タイプ分け

基本編TOP
就職活動の基礎これまでの考え方の限界キャリア開拓を実践する内定の極意

自己分析の極意自己分析が必要な理由自己分析の前提弱みへの対処方法自己分析の落とし穴自己分析で導き出すもの / 具体的方法1:モチベーション理論具体的方法2:キャリパー社のモチベーション分類具体的方法3:Strength Finder具体的方法4:エニアグラム具体的方法5:R-CAP具体的方法6:コミュニケーションタイプ具体的方法7:過去を洗い出す結果の活用方法1:分析結果の統合結果の活用方法2:企業研究とのマッチングスキルについては相対化して捉えるbr>
エントリーシートの極意エントリーシートはどう書くべきか具体的攻略法エントリーシート対策参考情報

グループディスカッションの極意
面接の極意実際の面接でどうするべきか意外と知らない面接時の服装ルール就職面接質問集

業界・企業研究の極意業界/企業研究の視点企業研究をして求める人材像を把握する自己分析とのマッチング企業研究を深めるために

理系学生の就職ノウハウ

タイプ分けについてご紹介します。

タイプ分け

現在日本語のWebで有料でテストできるのはhttps://v2.test.jp/login/?next=/dashboard/
などがあります。ぜひ一度やってみてください。

タイプ分けの概要

コーチ21がその普及に大きな役割を果たしたと思えるタイプ分けですが、簡易ながらも自己分析やチームビルディングに役立つ視点を提供してくれます。

タイプわけでは人を4つのタイプに分類します。

コントローラーは人を支配していくタイプです。自分が誉められるよりも、自分の影響力を誉められる、例えば、あなたの部下はよく働きますね、あなたの会社は業績がいいですねといわれることが嬉しいタイプです。

プロモーターは物事をどんどん推進していくタイプです。すごいね!さすがだね!とおだれられば木に登るタイプです。

アナライザーは物事を冷静に分析するタイプです。プロモーターとは逆にすごいね!だけでは嬉しくありません。具体的に自分の仕事が他とどのように違って役立ったか、といった誉め言葉を好みます。

サポーターは人を助けていくタイプです。すごい!よりもありがとうと言われて嬉しいタイプです。

自己分析としてのタイプわけ

4つのうち、自分がどのタイプが強いかを把握すれば、自分がどのような職種や職場が向いているか見えてくるものがあるでしょう。

例えばアナライザーであれば、リサーチャーやコンサルタントといった職種なども検討してみてもいいかもしれません。

また、例えばコンサルタントという職種だとしても、サポーターを強みに個性を発揮したり、プロモーターを強みに個性を発揮することも考えられます。サポーターであればクライアントへの奉仕、という気持ちで仕事をすることであったり、プロモーターであれば第三者ではなく事業推進のパートナーとしてコンサルティングを進めていくことなど、コンサルタントにもそれぞれ持ち味があっていいはずだからです。

NEXT>> 具体的方法7:過去を洗い出す

基本編TOP
就職活動の基礎これまでの考え方の限界キャリア開拓を実践する内定の極意

自己分析の極意自己分析が必要な理由自己分析の前提弱みへの対処方法自己分析の落とし穴自己分析で導き出すもの / 具体的方法1:モチベーション理論具体的方法2:キャリパー社のモチベーション分類具体的方法3:Strength Finder具体的方法4:エニアグラム具体的方法5:R-CAP具体的方法6:コミュニケーションタイプ具体的方法7:過去を洗い出す結果の活用方法1:分析結果の統合結果の活用方法2:企業研究とのマッチングスキルについては相対化して捉えるbr>
エントリーシートの極意エントリーシートはどう書くべきか具体的攻略法エントリーシート対策参考情報

グループディスカッションの極意
面接の極意実際の面接でどうするべきか意外と知らない面接時の服装ルール就職面接質問集

業界・企業研究の極意業界/企業研究の視点企業研究をして求める人材像を把握する自己分析とのマッチング企業研究を深めるために

理系学生の就職ノウハウ

【LINE限定】最新の就活情報を配信中!

友だち追加