「これまでの考え方」の限界

[knowhow] [base]

「これまでの考え方」に限界があるからこそ、「キャリア開拓」に注目が集まっている。「これまでの考え方」が限界を迎えている理由は大きく2つある。それは、「企業を取り巻く環境の変化」と「成長に関するメカニズム」だ。

1.企業をとりまく環境の変化

企業をとりまく環境が目まぐるしく変化することにより、長期的なキャリアプランを立てる意味が薄れているのが、1つ目の理由だ。市場の急激な変化により求められる人材像がめまぐるしく変化しており、さらには合併やアウトソーシングなどにより企業自体が次々に形態を変えている状況では、長期的プランの前提が大きく崩れることはめずらしくない。
例えば、ある私の大学時代の先輩は、留学を経験しており、将来的に海外中心の仕事をしたいという希望から、海外でのプラント建設を請け負う企業へ就職した。ところが、その企業は業績悪化から海外事業を撤退し、その先輩も国内勤務を強いられることになってしまった。

2.成長に関するメカニズム

「これまでの考え方」での長期プランは、自分の現在の置かれた状況が予測と違った場合、その仕事に打ち込めなくなる。元の仮説に固執するあまり、転職・異動などに思いを馳せ、目の前の仕事に集中できなくなるのだ。

しかしながら、ここに最大の落とし穴がある。ビジネス上の重要な能力の成長は、どれだけ目の前の仕事に没頭できたかに比例することが、企業を対象とした数々の調査から明らかになっているのである。

変化の大きい時代であればこそ、目の前の仕事に集中できなくなる可能性の高い長期プランには限界があるのだ。

NEXT>> 3.キャリア開拓を実践する

[base] [repo]

AD