グループディスカッションに向けて準備出来ることは?

PJSLINE画像

実際に届いたご質問

はじめまして。
9月にある院受験を目指していましたが、紆余曲折あり8月に入ってから就職活動を始めることになりました。
先日初めて参加した説明会で抜き打ちのグループディスカッションがあり、全く対策をしていなかった自分は何もできず、口ごもってしまうという大失敗をしとても苦い思いを経験しました。
しかし、9月にある自分の第一志望の企業の選考内容にグループディスカッションがあります。
練習する時間も取れず、大失敗を思い出すだけで全くといっていいほど自信がありません。
今からとても不安です。

なにか一人ででも、グループディスカッションに向けて準備できることはないでしょうか。

回答

ご相談ありがとうございます。
なるほど。紆余曲折あり、現状に至るわけですね。
では、これから第一志望の企業選考に向けて頑張っていきましょう!

さて、グループディスカッションですが、まずは「グループの中の誰よりも秀でなくては!」という考え方は捨てましょう。
1人で勝とうとせずに、グループで勝つことを意識して話し合いを実施することが大切です。
そんな中で自分自身の「協調性」をアピール出来ると良いですね。

「主体性」「論理性」「協調性」全ての能力をアピールすべし!という内容に関しては詳しく「就活の極意」という無料冊子にまとめておりますのでお時間あれば是非ご覧ください。

グループディスカッションとは

グループディスカッションは比較的最近になって採用過程に登場した手法です。では何故新たに登場してきたのだろうか?それは、従来の筆記試験、個人面接、集団面接では把握できない面をグループディスカッションで把握する事を企業側が期待しているからに他なりません。その主なポイントは「協調性」「リーダーシップ」「傾聴力」と言った対人能力にあります。つまり、個人単体ではなく、他の人間と関わった時にどういう態度であるか、これを見るためにグループディスカッションは存在します。もちろん対人能力だけでなく、論理性、知識といった個人の資質も測る機会ではあるので、これらも当然評価軸として存在すると捉えておきましょう。

詳細はこちらのページでまとめております。
是非、参考にしてみてください。

おすすめ書籍

東大生が書いた 議論する力を鍛えるディスカッションノート/吉田雅裕・東大ケーススタディ研究会

就職活動の第一関門、「グループ・ディスカッション」を初めて体系化した本!
就職活動にもビジネスにも応用できる知的生産術を東大生が解説してくれております。
「原則編」「実践編」共に掲載されているので、基本をおさえた上で、自分がどのように取り組めばよいかわかるはずです。今回の場合のような本番まで時間が無く、自分の中で経験が積めない場合は、こういった書籍を参考にすることがおすすめです。

最後に

選考本番まで出来ることはまだまだあります。
グループディスカッションの「捉え方」が変わるだけでも本番でのパフォーマンスは変わってきます。
是非、少しでも自分らしくディスカッション出来るよう頑張ってきてください。
応援しております。