同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト

就職活動のイベント…どのくらい参加すべき?

PJSLINE画像

実際に届いたご質問

こんにちは
早速なのですが、質問よろしいでしょうか?
私は大学3年生なのですが、就活のイベント(例えばES.やGD対策セミナーなど)にどのくらい参加すべきなのか分かりません。
実際どのくらい参加することが有効なのでしょうか?

回答

ご相談ありがとうございます。
確かに、就職活動生向けのイベントがたくさん開催されているためどのくらい参加すべきなのか分からない。実際にどのくらい参加することが有効なんだろう?というお悩みをもたれるのもわかります。私も同じ立場だったら、きっと悩んでいます。

しかし、1度落ち着いて考えてみましょう。
就職活動をすることの本質はどこにあるのでしょうか。

そうです。「自分自身のキャリア」です。

なので、「〜すべき」という思考ではなくて、「自分が◯◯するために〜したい!〜しよう!」という思考を持つようにしましょう。
そのために重要になるのが自己分析です。

自己分析とは

キャリアをスタートさせる就職の時期に、しっかりと自己分析をしておくことは、長期的に見て大きくプラスに働きます。セルフノーイング(Self-knowing)つまり自分を知ることは、キャリアを形成していく上で、環境に対してアンテナを貼ること(Society-knowing)と同等に重要なこととなるからです。キャリア(仕事)は仕事単体では存在せず、自分自身の生活の一部として存在します。自己理解を深めることによって、仕事との向き合い方、生活の中での仕事の役割・意味といったものが自分なりに整理されることは、充実した時間を過ごす上で大きな助けになります。
詳細はこちらのページでまとめております。
是非参考にし、実践してみてください。

最後に

10回就職活動のイベントに参加したから大丈夫!
50社インターンに行ったから大丈夫!
100社にエントリーしたから大丈夫!ということは、ありません。

是非、周りと比べるよりも自分軸で就職活動出来るように頑張ってみてください!
応援しております。

OB/OG訪問に行けていない学生はこちら!