企業選びに苦戦している就職活動生必見!

PJSLINE画像

実際に頂いたご質問

行きたい企業以外に興味がもてません。

回答

ご質問ありがとうございます。
就職活動生からよくいただく質問のうちの1つですね。

「自分の行きたい企業以外に興味を持つことができない…」
そう感じる方々は、下記のようなケースになっていないでしょうか?
□就活の軸が定まっていない
□志望企業が2,3社でそれ以外調べもしない
□同じ業界の中で受ける企業と受けない企業がある(仮に大手でも)

そんな就職活動生の皆さんに2点お伝えしたいことがあります。

①なぜその企業に入社したいのか?

②戦略的に就職活動を行なうとは?

どうしてこの2点について伝えたいかというと…
上記のパターンに当てはまっている場合、そのままの状態では、就職活動が上手くいかなくなってしまうケースが多いからです。
そうならないためにも、課題を明確に改善していきましょう!

①なぜその企業に入社したいのか?

是非、皆さんに実施いただきたいのは、「なぜその企業に入社したいのか?」をもう一度考えていただくことです。そしてその答えに対して3回「WHY」を繰り返していただきたいのです。

「なぜ、株式会社●●に入社したいのか?」

「ーだから。」

WHY1「なぜ、ーだと思うのか?」


「〜だから。」

WHY2「なぜ、〜を大切にしたいのか?」

「△△だから」

WHY3「なぜ、△△と考えるのか」

「◇◇だから」

このようにして「WHY」を3回繰り返した後の回答が、あなたの「本質的な想い、望み」になっているケースが多いのです。そして、その「本質的な想い、望み」は意外とあなたが絞っていた企業以外にも当てはまる企業があるはずです。是非、視野を広くして企業を見てみましょう!

②戦略的に就職活動を行なうとは?

想像してみてください。
もしも、仮にあなたが現在行きたいと考えている1社しか選考を受けないとして、
その企業の選考を落ちてしまったら…

落ちてから悩みますか?
その企業に入社するためにもう1年就職活動をしますか?

そうならないために、出来ることがあるんです。
それは、「戦略的に就職活動を行なう!」ということです。

つまり、第1志望が入社難関企業なのだとしたら…
第2…第3…第4…第5志望…と志望度が下がるのに対して
難関度も下げるべきなのです。

おそらくですが、志望度が低いのに入社するのに努力が必要だから頑張れないのではないでしょうか?

是非、上記2点のポイントを考えるきっかけにしてみてください。