インターンシップのエントリーシートで、絶対にやってはいけないこと。

Empty chairs in a business boardroom, shallow depth of field

Empty chairs in a business boardroom, shallow depth of field

そろそろ、みなさんインターンシップの選考が始まっている時期ではないでしょうか?
今回は「就活で絶対にやってはいけないこと」をお伝えしていきますね。

これさえ押させているだけで、合格率はグンとあがります。
逆に言うと、今から書くことは、ほとんどの就活生ができていないんです。

僕も採用コンサルタントとして、企業の人事の方と一緒に年に5000枚以上、
エントリーシートを採点していますが、全然できていないんです…

超当たり前のことかもしれませんが、採用担当者はかなり厳しくチェックしているポイントですよ。

【NGチェックリスト】

【1】誤字脱字がある
【2】修正液などを使う
【3】ハンコがかすれている
【4】読みにくい
【5】陳腐なまとめをしている

かなり当たり前な内容ですよね…。

 

【1】誤字脱字がある
【2】修正液などを使う
【3】ハンコがかすれている

この3つは、どれか当てはまっているだけで落ちると思ってください。
この3つには共通点があります。

「うちが第1志望なら、めちゃくちゃ集中して、心を込めて書いてくれているはず。それなのに、誤字脱字があるのは、おそらく見直しもせずに提出したんだな…」

本当にこの理由なんです。
でも、確かにそうですよね。

自分が社会人になって、「明日1億円のコンペがあります!」となったら、絶対に何度もプレゼン資料などを見直すと思いませんか?
それと同じなんです。

 

【4】読みにくい

これはいわゆる、「相手の気持ちになって書けているか」ですね。

「、」がやけに多い。
「てにをは」の使い方が変。

この人は、自己中心的ではなく、相手のことを考えて仕事ができるかをここで見ているわけですね。
何度も読み返してください。

おススメは、前の晩に書いたものを次の日にもう1回読んでみることです。
意外と変なところが出てきますよ!

 

【5】陳腐なまとめをしている

「この学生時代身につけた強みを、貴社の○○という業務で活かして~」的な文章のことです。

これ、いりません!!
よく本屋で売られている就活本などで、こうやってまとめなさいと書いてありますがいりません。

企業の人事とよくする会話で

「またこのまとめだ…」
「こんなまとめ、誰が教えたんだろうね」

という会話を毎日のようにしています。今日もしてきました。

1000枚エントリーシートが来たら900枚がそんな感じです。

そして、900枚全部同じまとめです。読む方は本当に嫌気がさしてしまいます。
このまとめを書くだけで、100文字くらい使っていませんか?

その100文字があるならば、もっとアピールしたいところを具体的にするとか、
「こんな思いでやったんです!」という感情をうまく表現し、相手の心を揺さぶるとか。

そっちに使ったほうが正解です。

実際、私が運営している就活スクールでは陳腐なまとめは一切書かせていません。
しかし、ES通過率は98%くらいなので、どうぞ安心して削ってください。

もっともっとお伝えしたいテクニックはいっぱいあるのですが…。
これだけ抑えておくだけでも、全然違いますよ!

【LINE限定】最新の就活情報を配信中!

友だち追加